勤務医の雇用で悩まない 「○○の明確化」で不安を解消

歯科医院をとりまく環境は年々厳しくなっていると言われています。多額の初期投資によって開業したものの、さまざまな経営上の問題に直面して悩んでいる院長は多くいらっしゃいます。

この連載では、多くの歯科医院の経営コンサルティングを手掛けているユメオカの代表である丹羽 浩之が、歯科医院の院長が事業拡大を目指す中で直面したお悩み相談を受け、これまでの経験を踏まえて課題解決のヒントを提示していきます。今回は、勤務医の雇用に関するご相談です。

勤務医を雇う際の注意点を教えてください

<相談内容>

「院長1人体制での経営に限界を感じています。今後、事業拡大することを想定し、勤務医を雇いたいと考えています。ただ、売上が増えても私だけ忙しくなってしまったりしないか。結果的に利益や院長収入が減ったりしないか不安が尽きません」

今回は勤務医の雇用がテーマです。特に、初めて勤務医の雇用を検討される院長からは「経営への貢献度をどのように評価すればいいのか。基準があれば教えてください」という問い合わせも多くいただきます。

安定的な医院経営を阻害する一番の原因は「院長が抱える漠然とした経営への不安」です。その中でも特に「スタッフ」と「お金」の問題が不安を増大させることが多いといえます。

勤務医に関する不安としては「成長してもらいたくて指導しているが、同じことを何度言っても伝わらない」「ついつい口調が強くなってしまう」「歩合制を採用した場合、自身の売り上げにつながること以外には関心を示してくれない」といった声を聞くことがあります。また、「雇用することで、運転資金が急速に足りなくなる恐れはないか」という不安を抱く院長もいらっしゃるようです。

加えて、勤務医のキャリアが浅い場合は教育する時間を確保する必要もあり、さらに当然ながら人件費も増加します。「結局自分だけが忙しくなって、自身の収入にも悪影響が出て損するだけだ」と考え込むこともあるでしょう。

こうした考えが頭の中をグルグルと回り続けることは、院長の心の状態に非常に悪い影響を与えてしまいます。自分1人で抱えるのではなく、客観的な意見やアドバイスをもらうことで解決できる問題もあります。身近にいる相談相手として候補に上がるのは、つきあいのある税理士ではないでしょうか。ただ、税務・財務面からの分析で改善策は提示できたとしても、実際に改善策の遂行や達成までを支援することは難しいのが現状です。

グルグル思考からの脱却に役立つ「数値の明確化」

これまで全国3,000以上の医院に教材を販売したり、経営改善の支援をしてきました。ユメオカとは「夢とお金の作戦会議」の略です。私たちが実践している「予防型経営ビジョナリー・コンサルティング」は、「ビジョン」と「お金(数値)」を両輪として医院の成長に必要な条件を明確にし、その到達までの道筋を逆算して描いていきます。