歯科医院のZ世代人材採用を絶対成功させるために欠かせない3つの要素

2018年の初版が歯科医療専門書店・シエン社のWEB販売ランキングで1カ月半にわたり連続1位を記録した書籍が「歯科医院のための採用マニュアルツール集」です。

この春には「書き込むだけで人材が集まる!」のコンセプトはそのままに、「Z世代」へのアプローチ方法、SNSの活用法などを追記した改訂版が登場し、再び注目を集めています。

今回も前回に引き続き著者である伊藤祐子さんに、コロナ禍による採用の変化やZ世代の採用ポイントなどについてお話を伺いました。

Z世代はスマホ完結型、FAX・郵送の経験なし

AdobeStock_39526457_Paylessimages_600_400
(画像=AdobeStock)

コロナ禍による歯科医院の採用で変化を感じることは?

採用に関して古くから歯科医院では、

求人広告を見て電話

 ↓

履歴書記入

 ↓

写真貼付

 ↓

郵送

 ↓

面接

といった流れがありました。

しかし、コロナ禍になってからは人材確保ができる医院と、できない医院の二極化が進んでいると感じます。

コロナ禍における歯科医院の採用事情は以下2つの特徴があります。

1.採用のデジタル化
コロナ禍において緊急事態宣言が発出された際に、見学者や面接者が減少した歯科医院が多くみられました。

特に医療職に就職希望の応募者は、感染に対するモラルが高く、「自分が感染していた場合、見学先に迷惑をかけてしまう」という配慮があったからだと思います。

そのため、デジタル化を進めている医院には応募者が多く、進めていない医院では応募者が少ないという二極化が生じ、採用結果に多大な影響を及ぼしました。

事実、LINEなどを活用し、Web面接を実施した医院は応募者が増加しました。

地方の医院がzoom面接を行った結果、採用に成功したというケースもあります。

反対に、昔と変わらずFAXのみで対応しているような医院では、採用以前に応募がこないというケースも散見されました。

2.感染症対策
先ほどお話ししたように歯科医院への就職希望者は感染に対するモラルが高く、さらにコロナ禍をきっかけに、感染対策への取り組みを歯科医院の安全性や信頼度の規準としてとらえる傾向が強くなったといえます。

例えば、口腔外バキュームを全ユニットに設置している、天井埋め込み型の空気清浄機などの情報を提供していると、医院への好感度が高くなるといえます。

業務用空気清浄機の画像をSNSにアップしただけで、採用の成果が出たという医院もあります。

一方で、コロナ禍のこのご時世において、感染対策についての発信がなく、”過酷な就労環境”というイメージを持たれてしまうこともあるようです。

このように今の時代は歯科医院もデジタル化を進め、ホームページやSNSなどで、自院の情報をしっかりと見せる努力が必要です。

改定版でこだわった点を教えてください。

AdobeStock_77048212_naka_600_400
(画像=naka/stock.adobe.com)

初版がでた4年前との大きな違いは、コロナ禍によってデジタル化をはじめとした「未来」が5年ほど早く到来したということです。

従来の「求人広告を見る→電話→履歴書を購入→写真を貼って郵送…」といった手順ではなく、デジタル化が応募者世代にとっては当たり前になりつつあります。

こうした背景を踏まえ、改訂版では主に3つのキーワードについて追加しました。

1.Z世代

Z世代とは1990年後半から2000年代に生まれた若者のことで、デジタルネイティブとも呼ばれています。

この世代は、コロナ禍による外出自粛や、休校など約2年間にわたりオンライン中心の生活を過ごしていたため、コミュニケーションが失われた世代であるともいえます。

Z世代とのかかわり方や、採用についてのマーケティング方法は、歯科界に限らず世界的な課題の1つとなっています。

2.Instagram

SNSの中でも特に画像投稿や共有に特化したInstagram(インスタ)の活用法を追加しました。

Z世代を含め、インスタをみて情報を知る、物を買うといった流れが一般化しつつあり、採用に関するマーケティングの観点をもつ必要があります。

具体的には、院内のおしゃれな画像や、安全な感染症対策をアップすることなどです。

これだけで応募者が増加したという歯科医院もあります。

3.ハローワーク

ハローワークは国が所管しているため財源が豊富にあり、SEO施策なども強化されています。

それによって求人検索した場合、検索上位に表示されることが増えてきました。

“ハローワークは応募者が来ない=採用できない”というイメージをお持ちの方は、認識を改める必要があります。

確かに、3年前であれば、ハローワークでの採用は稀というケースもあったと思います。

しかし現在は、スマホやPCによる検索機能の強化や、写真でイメージを伝えられるなど情報発信力が高まっています。

信頼性も高く、無料であることから、採用における有効手段の1つといえるレベルになっています。

Z世代の特徴や採用時のポイントを教えてください

pixta_7654522_M_歯科衛生士3人
(画像=pixta)

当社のお客様の中には、応募から内定、労働契約の締結まで、スマホだけで完結する採用プロセスを導入している医院もあります。