教育資金2_AdobeStock_283202811_600_400
(画像=smolaw11/stock.adobe.com)

お子様にも同じ道を、とお考えの先生は多くいらっしゃると思いますが、お子様を歯学部へ進学させる場合、私立大学を選択する可能性が高いでしょう。

私立大学歯学部の学費は2,000万円~2,500万円が一般的であり、なかには3,500万円を超えるところもあります。

コツコツと教育資金を貯めていたとしても、それだけの大金を支払うのは簡単なことではありません。

そのため、保護者が借り手となる「教育ローン」を利用するケースが多く見受けられます。

本記事では教育ローンについて詳しく解説します。

1.公的機関の教育ローン

教育資金_1_AdobeStock_205974551_600_400
(画像= Monster Ztudio/stock.adobe.com)

現在、公的機関で用意されているのは「国の教育ローン」のみです。

これは「株式会社日本政策金融公庫」が扱うもので、一定の要件を満たした場合に利用することができます。

限度額は350万円(海外留学は450万円)で、返済期間は最長15年まで。

学費以外の生活費等にも利用できる汎用性の高さが特徴的です。

最大のメリットは、最低水準の金利で借り入れできる点です。

2020年11月に行われた金利見直しでは1.70%→1.68%まで引き下げられました。

民間教育ローン平均3~4%と比較すれば、とても低い金利であるとわかります。
※金利見直しは毎年5月・11月に行われます。

国の教育ローンの融資条件に「子供の学力」「所得下限」はありません。

しかし、次のように「世帯年収の上限」が定められています。

扶養する子供の人数 世帯年収(給与所得の方) 世帯年収(事業所得の方)
1人(※) 790万円以内 590万円以内
2人(※) 890万円以内 680万円以内
3人 990万円以内 770万円以内

参照:政府広報オンライン(https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201512/2.html)
※世帯年収(所得)上限額の緩和要件や、4人以上の上限額については、ホームページをご覧いただくか、教育ローンコールセンターにお問い合わせください。

扶養する子供が2人以内であっても、年収990万円(事業所得770万円)以下で緩和条件を満たせば、利用できる場合もあります。(日本政策金融公庫 世帯年収上限の緩和条件)

国の教育ローンを利用する場合は、連帯保証人1人以上または機関保証を用意する必要があります。

なお、民間教育ローンに比べて融資スピードが遅いため、利用する際は2~3か月前の早めの申し込みをおすすめします。

2.民間の教育ローン

AdobeStock_76972393_Monet_600
(画像=Monet/stock.adobe.com)

おそらく、医院経営をしている先生方は、所得上限のない銀行・労金・信金・JA・信販等の民間教育ローンを利用する可能性が高いでしょう。

民間教育ローンは、審査に通りやすい・融資金額が大きい・資金の汎用性が高いといわれることもありますが、これは「有担保」か「無担保」かによって大きく異なります。

例として、「三井住友銀行」の有担保ローンと無担保ローンを比較してみます。