歯科医院の経営方針がわがままなスタッフに左右されていませんか?

はじめまして。エイチ・エムズコレクションの濵田真理子です。

私は歯科衛生士としてスキルを積みながら24歳で起業し、以来27年に渡り歯科衛生士のスキル研修から人材マネジメント、衛生士の育成から集患の支援など実に様々な分野で歯科医院様にコンサルティングを行ってきました。

弊社には私だけでなく多くの専門スキルを持つスタッフがいることから、医院様のお悩みの種類や緊急性を分析し、最も適したスタッフに問題解決にあたらせるという方式をとっています。今まで私が一緒に仕事をしてきたスタッフは660人以上。専門家として独立している者も数多くいます。

現在、私自身も日々経営者として成長と模索を続ける日々です。先生方にお伝えしたいのは、まさに「経営者」としての厳しさを知っている私の体験から生まれたもの。先生方の耳に痛いこともしっかり伝え、そして緊急かつ重要度の高かった悩みが改善して「よかった」と言ってもらえることが私の使命であり喜びです。

多くの先生方のお話を伺って共通しているのは、医院長のお悩みの多くは「スタッフ」に対するものであるということです。

トラブルの背景には先生方のスタッフ思いの優しさが裏目に出てしまったケースや、気づかぬうちに「わがまま」を増長させる環境になっていた、など意図しない原因が多く潜んでいます。

数百という医院様の問題解決をしてきた私だからこそお伝えできるスタッフのトラブル回避法を、具体的な事例と合わせてご紹介していきます。