歯科医院は感情的な集団? スタッフを上手に率いる自信がない院長へのアドバイス

この連載では、組織を成長させるマネジメント方法のベストプラクティスとして、2,000社以上が導入してきた「識学」のコンサルタントである冨樫 篤史が、歯科医院の経営で悩んでいる院長の相談に対して、その課題解決のアドバイスを提言します。

相談内容:「多くの歯科医院は、感情的な集団である」は本当?

Q:現在、開業を検討しています。先輩の開業医から「歯科医院のスタッフは、感情的な集団だと思え。誰かの感情を逆なでしてしまうと、すぐに院長が敵にされてしまうぞ」と聞き、とても不安です。スタッフを上手に率いていく自信がありません。どうすればいいでしょうか。

A:院長は組織の経営トップとして、さまざまな意思決定を下し、医院のスタッフを先導する役割を担います。それにしても、なぜ、そんなに自信がないのでしょうか?

Q:院内の人間関係を良好にしていかなければ、組織が一体にならないと考えています。歯科医師や歯科衛生士、歯科助手、受付などさまざまな立場の人たちのコミュニケーションを活発にして、組織の「和」を作ることを最優先にマネジメントしないと……と、考えるだけで気が重くなります。

A:なるほど。確かに医院 の中には「仲が良いこと」「相性がいいこと」「一緒に」ということを好む人もいるので、部下一人ひとりに丁寧に声掛けをしたり、人間関係が悪化しないように日々奮闘するリーダーもいます。しかし、それは取り越し苦労に過ぎません。そもそも「人間関係が良いこと」と「組織の生産性」にはそれほど因果関係は存在しないですよ。

Q:え、どういうことですか?

「和」を求めるマネジメントは失敗する

A:スタッフの仲が良いことを「円滑なコミュニケーションの大前提」と捉えられる組織のリーダーは、多いですね。また、スタッフのモチベーションを高める取り組みも必要だと考えて、リーダーが率先して声掛けを行うなどモチベーションの向上を促進しようという動きもあります。

しかし、識学では、こうした個人間には“好き・嫌い”という感情が入りやすいと考えています。また、感情が入ってしまうと組織のゆがみが発生し、マネジメントが上手く行かない原因になると捉えているのです。

Q:いつでも声を掛けられる風通しの良い環境は、大切ではないのでしょうか?

A:仲良くすることが目的の「仲間的な集団」では、個人の役割や責任、上下関係が曖昧になりやすいのです。その結果、「上司の指示待ち」になったり、責任を逃れようとしたり、業務の不履行によるさまざまな弊害が起きてしまいます。

Q:では、どうすればいいのでしょうか。