小塚先生_開業指南_2

私、小塚義夫は、名古屋に『つゆくさ歯科医院』を開業して10年が経ちます。開業以来売り上げもメインテナンス数も右肩上がりで、自費率約30%以上の安定経営を行なっています。

「歯科開業医として成功を収めるために、勤務医時代に何ができるのか?」「将来のビジョンをどのように立てるべきか?」など、私の開業から今日までの軌跡を振り返りつつ、歯科医院開業のメソッドを解説していきます。

2回目の今回は、「経営編」。

私は「歯科医の中には、開業してもいい歯科医、開業してはいけない歯科医がいる」と思っています。それはいったい、どういうことでしょうか?

また、開業医の”独りブラック”ともいえる過酷な勤務実態や、”医院継承”の暗影、ワークライフバランス重視の生き方の可能性についても解説させて頂きます。

「開業してはいけない歯科医」とは、どんな歯科医?

最初に「開業してもいい歯科医、開業してはいけない歯科医がいる」とお伝えしましたが、開業してはいけないのは、いったいどんな歯科医でしょうか?
開業の時点では「開業・経営」とはどういうことなのかが全く解っていない、それが大半の歯科医です。開業するというのは、言ってしまえば全く経営の経験の無い状態で『経営者になる』ということですから。
院長のメインの仕事は「医院経営」。それを理解した上で、開業することが重要なのですが、そのことを忘れている、あるいはそもそも知らない歯科医がともて多いのです。
歯科医の多くは、「こんな歯科医療を提供したい」という理想を掲げて開業します。歯学部で習うのも医療の知識と技術がほとんどです。開業すると歯科治療だけでなく、経営やマネジメントなど、それ以外の仕事が山のように降りかかってきます。
また、院長一人だけが食べていければいいという問題ではなくなります。スタッフと協力しながら、医院が継続して利益を出していく必要があり、そのためには経営やマネジメントなどの勉強が必要不可欠です。

つまり、院長になると、診療だけでなく、それ以外の仕事が積み重なり、ものすごく忙しくなります。それをある程度覚悟しなければいけないということなんですね。それをしっかりやらなければ成功を収められないんです。この努力ができない、これがいやだという人は、「開業に向かない歯科医」と言えます。

院長は想像を絶するほど忙しい!いわば「独りブラック」

開業した院長は、多忙を極めます。

院長の業務は診療だけではなく、経営、マーケティング、組織運営、マネジメントなど、やることが多すぎて、勤務医の3倍ぐらいの感覚で働かなければなりません。 いわば「独りブラック」ともいえる状態になります。院長は経営者ですから、労働基準法の対象外。特に開業したばかりの頃は、やらなければならないことが多すぎて、週7日休みなしで働き続けることも珍しくありません。

時間と共に徐々に仕事のスピードが上がってきますが、軌道に乗るまでが大変です。 やり遂げる覚悟はありますか?

院長が陥りがちな「独りブラック」とは、どんな状態?

想像を絶するほど忙しくなる院長の「独りブラック」とは、具体的にどのような状態なのでしょうか? 開業したばかりの院長が陥りがちな悪循環についてご紹介しましょう。