新型コロナ感染予防と唾液中のIgA 歯科で活用できる新情報

この記事を読んでいる院長先生にお尋ねします。

「自院の患者様に対して、毎回しっかり唾液ケアを意識した指導をしていますか?」

この問いに対して、すぐに「はい」と言える院長先生はどれくらいいるでしょうか。

一人ひとりの患者様にあてられる時間には限りがあります。日々の診療に忙しい中、唾液ケアの指導がおろそかになってしまうのは無理もないことです。

しかし、これからはWithコロナの時代です。歯科医院には、これまで以上に感染症対策への高い意識が求められています。私たちが考えるべき感染症対策とは、他者に感染させないための物理的な対策だけではありません。「ウイルスに感染しない抵抗力」を身につけることも、れっきとした感染症対策なのです。

そこで注目してほしいのが、唾液の力であり、質の高い唾液を増やすための唾液ケアです。唾液ケアこそが新型コロナの感染症対策になりうるのだとしたら、きっと院長先生方の意識も大きく変わるはずです。

今回、2回にわたって感染症対策における唾液ケアの重要性について解説します。先生方にとってはすでにご存知の内容がほとんどでしょう。しかし何事も基本が大切です。知識と意識をブラッシュアップするつもりでお読みいただければと思います。

歯磨きだけではダメ!唾液ケアはなぜ重要か

歯科医院では歯磨き指導を行います。しかし、要介護者への口腔ケアでもないかぎり、唾液を増やす指導を行っている歯科医院は少ないかもしれません。

歯磨きでお口の汚れをしっかり落とすことの重要性は、言うまでもありません。しかし、それと同じくらい重要なのが唾液ケアであることを、先生方には今一度確認していただきたいのです。

唾液ケアがなぜ重要なのか

ご存知の通り、唾液には自浄作用や消化作用、再石灰化作用など重要な役割があります。また、唾液の分泌量が著しく減ると、口腔内が乾燥し虫歯や歯周病の悪化につながることは言うまでもありません。

ですが、もっとも注目していただきたいのは、唾液の中に含まれるIgA(免疫グロブリンA)がもつ「感染症に抵抗する力」なのです。

唾液がもつ抵抗力

唾液には抗菌作用のあるラクトフェリンなどの物質が含まれています。唾液が十分に分泌されていれば、虫歯菌(ミュータンス連鎖球菌)や歯周病菌(ポルフィロモナス・ジンジバリス)の活動を抑制できるので、虫歯や歯周病になるリスクも下がります。

この唾液の抵抗力は、細菌だけでなくインフルエンザなどのウイルスにも通用します。唾液に含まれるIgAには、ウイルスが人の粘膜細胞の受容体と結合するのを妨害する働きがあります。唾液ケアによりIgAを含む唾液を増やせば、ウイルスに対する抵抗力も高まるのです。

唾液ケアと歯磨きは「車の両輪」

ただし、問題があります。