歯科衛生士の採用を二度と失敗させないためのポイントとは

歯科医院をとりまく環境は年々厳しくなっていると言われています。多額の初期投資によって開業したものの、さまざまな経営上の問題に直面し悩んでいる院長は多くいらっしゃいます。

厚生労働省の「第22回 医療経済実態調査(医療機関等調査)」(令和元年実施版)によると、個人開設の歯科医院における2018年度の平均年間医療収益は「約4,470万円」となっています(参照元「第22回医療経済実態調査(医療機関等調査)報告」p32)。

1カ月の売り上げ平均は約370万円になりますが、実際にははるかに高い売り上げの歯科医院がある一方で、かなり下回る歯科医院もあるのが現状です。すべての歯科医院の経営が安定しているわけではなく、経営難に陥っている医院の数は決して少なくないでしょう。

この連載では、予防管理型を起点として歯科業界の活性化を目指し、多くの歯科医院の経営コンサルティングを手掛けているユメオカの代表である丹羽 浩之が受けた、事業拡大を目指す歯科医院の院長の「5つのお悩み相談」に対し、これまでの経験を踏まえた課題解決のヒントを提示していきます。今回は、歯科医衛生士の中途採用に関する相談にお答えします。

中途採用の歯科衛生士と間に起こりやすいトラブルとは?

<相談内容>

「以前、経験のある歯科衛生士を中途採用したことがあります。しかし、医院の方針とは異なる対応をしたので注意したところ、トラブルになって辞めてしまいました。事業拡大にはどうしても歯科衛生士が必要なので、あらためて採用したいです。前回のようなトラブルが起きないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?」

中途採用で歯科衛生士を迎えた場合、以前勤めていた医院での経験から現在の医院の方針とは異なる行動をしてしまうのはよくあることです。歯科衛生士自身が良かれと思って取った行動でも、方針に沿っていなければ注意せざるを得ません。その際に言い方を間違えると「自分は信頼されてない」と誤解をし、院内の雰囲気が悪くなり、結果的に患者さんにも伝播してしまう恐れもあります。

そうした院長と歯科衛生士とのギャップを解消するには「面接時と入職時に必ず自医院の考え方や理念、コンセプト、行動指針をしっかりと伝えること」が大切です。また、定期的なミーティングを通して、そのことを理解・定着させる取り組みも必要だと思います。

失敗例としてありがちなのは「経験者だから大丈夫だろう」と考えて何となく採用してしまい、入職後に「あとは頑張ってね」という感じで済ませてしまう場合です。