理由も告げず歯科医院を辞めたスタッフ 彼女は何に悩んでいたのか?

エイチ・エムズコレクションの濵田真理子です。

私は歯科衛生士としてスキルを積みながら24歳で起業し、以来27年に渡り歯科衛生士のスキル研修から人材マネジメント、衛生士の育成から集患の支援など実に様々な分野で歯科医院様にコンサルティングを行ってきました。

多くの先生方のお話を伺って共通しているのは、医院長のお悩みの多くは「スタッフ」に対するものであるということです。

数百という医院様の問題解決をしてきた私だからこそお伝えできるスタッフのトラブル回避法を、具体的な事例と合わせてご紹介していきます。

「講師を信頼しすぎてスタッフの気持ちを見逃しちゃった」編 

pixta_70463048_M_メンテする歯科衛生士_600_400
(画像=pixta)

【今回ご相談に来た歯科医院の環境】
・院長 39 歳、開業9年目。
・ユニット11台
・スタッフ13名
・平均年齢32歳(最年少19歳・最年長28歳)

⬛︎2年で5名ものスタッフが、理由もわからないまま退職

(お悩みキーワード 歯科衛生士・外部講師・まかせっきりは危険・主導権は握る)

(以下、院長談)

当院では、技術研修はフリーランスの講師を呼んで定期的に行なっており、2020 年で4年目(相談当時)になります。

外部講師を呼んで研修を行うのは、スタッフへの投資と考えており、月に一度の研修もスタッフには良い刺激になっているようです。

また、講師の先生は私の話もしっかりと聞いてくれて、良き相談相手でもあります。

私の悩みは、この 2 年で歯科衛生士と助手が計5名退職したことです。

私としては、外部の研修も入れ、給与も十分なはずなのに、退職に歯止めがかからない理由がわかりません。

講師の先生からは、「最近の歯科衛生士は根気がないので気にしても仕方ない」「研修も入れているのに感謝がない人はいらない」と励ましてもらっていますが、やはり院長としてはどうにか原因究明をしたいと考えています。

今回歯科衛生士が2名続けて退職したため、私自身にいたらない点があるなら変えていきたいと思い、「スタッフ分野ならエムズさんに」と紹介されてたどり着きました。

【同じ取組みがダメなら、一度視点を変えてみる】
(お悩みキーワード 早期退職・退職の連鎖・人の定着の悩み)

⬛︎「本当の理由」は辞めた本人に聞いてみる
(お悩みキーワード 本音・面談・医院の外で会話)

早速、退職した歯科衛生士 1 人と「今後の改善のために色々教えて欲しい」という理由で、院長含めた3名でお会いする機会を設けました。

話しやすさを考えて医院に呼び出すのではなく、個室でフルコースが出る食事会にしました。

最初はお互いの近況報告をしていましたが、そのうち元スタッフご本人が話し始めました。

(元スタッフ談)
院長とはずっと仕事をしたいと思っていたけれど、今のスタッフさんとは仕事をしたいと思えなかったのが、退職の理由です。

私の入職後、少し経ってから退職した歯科衛生士の先輩からもネガティブな情報を色々聞いていたり、 1 年弱の間に 2 名の歯科助手が歯科衛生士ともめて退職しても、自分自身とは関係無いと感じていました。

ただ、私と入れ替えで退職した歯科衛生士の人は医院のこれからにとって私より絶対に必要な、人間的にも技術的にも素晴らしい方だったと思います。


このように「当初はスタッフの退職は自分自身と無関係」と感じていたのに、なぜ本人までも退職の決断をするに至ってしまったのでしょうか。

原因は「スタッフ間の関係性」にあったようです。

深く聞いていくと、意外なことが分かりました。なんとぎくしゃくしたきっかけの一つに、良かれと思って導入していた「技術研修」があったのです。