20代勤務医からの相談・自費診療と保険診療の割合や開業医の利益の出し方は?

開業から10年間、安定経営を継続するつゆくさ歯科医院の小塚義夫先生。自費率30%以上、売上もメインテナンス数も好調の忙しい日々の中、多くの若手歯科医師からの相談にも精力的に対応しています。

もともと教師への憧れがあり、「歯科は教育業である」と考える小塚先生。自身も様々な「師」の教えに助けられた経験への感謝から、後輩の育成のために今日も貴重なアドバイスを贈ります。そんな小塚先生のweb版開業相談室、4回目の開講です!

ご質問者Dさん:卒後2年目の20代の勤務医

⬛︎Question 1⬛︎

開業医としての利益の出し方についてお聞きしたいです。

●Answer1●
院長になるにあたっては、財務の勉強もしなければいけません。財務がわかれば、おのずと利益の出し方もわかります。売上さえあがれば利益も増える、というのは間違いです。

入門書としては、和仁達也さんの「キャッシュフロー経営って?」という本を参考にするといいでしょう。開業までに必読です。この本を読めば医院のお金の流れがよくわかり、投資と浪費の違いが明確になります。

利益が出る経営をするために最も大切なことは、立地です。視認性があり、広告を出さなくても患者さんに認知できる立地かどうか、そして売上に対して適切な家賃か(家賃は売上の5%以下が目標)?開業する場所を間違えると、その後いくら頑張ってもあまり報われないこともよくあります。

また、利益を増やすためには、売上アップのほかにも、

  • 変動費(材料代や技工代)を減らす
  • 人件費を適正にする
  • 無駄な経費を使わない
  • 家賃や広告などに費用をかけ過ぎない など、色々と考えるべきことがあります。

自分が理想とする医療の提供を、安心して継続できる環境を手に入れるためには、財務の知識が不可欠といえるでしょう。

⬛︎Question2⬛︎

自費診療と保険診療のバランスは、どれくらいが良いですか?

●Answer2●
自費診療と保険診療のバランスは、自分がどんな医療を提供したいかによって違ってきます。「高品質の医療を、じっくり時間をかけて丁寧に提供したい」と思うのであれば、自費診療率100%がいいでしょう。 ただし、自費100%の治療を希望する患者さんはそんなに多くなく、集患で苦労することになります。

一方で、「たくさんの患者さんに喜ばれる医療を提供したい」と思うのであれば、保険診療の割合が増えてきます。 ただし、保険診療は、1回の治療に対する時間制限があることが前提になります。時間をかけすぎると、たちまち赤字になるからです。

そのため、保険診療にウエイトを置き過ぎると、図らずしも薄利多売のスタイルとなり、院長自身もスタッフも、肉体的に疲れてしまう傾向があります。

ちなみに、私の医院は自費診療が約30%、保険診療が約70%です。 保険診療を手際よく行いながら、自費診療にじっくり時間をかける…、保険と自費をバランスよく両立するために、勤務医を含め、常に3人以上の歯科医が診療所で勤務する体制を整えています。