20代歯科勤務医の相談 金銭面以外の開業メリットや開業前に歯科知識以外で学ぶべき事は?

開業から10年間、安定経営を継続するつゆくさ歯科医院の小塚義夫先生。自費率30%以上、売上もメインテナンス数も好調の忙しい日々の中、多くの若手歯科医師からの相談にも精力的に対応しています。

もともと教師への憧れがあり、「歯科は教育業である」と考える小塚先生。自身も様々な「師」の教えに助けられた経験への感謝から、後輩の育成のために今日も貴重なアドバイスを贈ります。そんな小塚先生のweb版開業相談室、6回目の開講です!

ご質問者Fさん:若手歯科医師 

AdobeStock_427586952_kapinon_600
(画像=kapinon/stock.adobe.com)

⬛︎Question 1⬛︎
開業したら、本当に患者さんは来てくれるのでしょうか?

●Answer1●
「患者さんが来たくなる設計図」をしっかりと描いた上で開業すれば、集患できます。何も事前準備をせず、ただ自分の腕だけを信じて開業するのは博打と同じです。

まずは自分の強みが何であるかを把握し、そのニーズがある場所を探します。既にある周囲の歯医者と比較して勝てることを確認した上で、自分の強みをアピールすることを怠ってはいけません。 この設計図を緻密に描ければ、必ず患者さんがたくさん来ます。

⬛︎Question2⬛︎
金銭面以外で、開業することのメリットはありますか?

●Answer2●
院長として、自分のエゴを満足させられることですかね。 ただし、開業イコール経営者になる、ということをしっかりと理解しておきましょう。その覚悟がなければ、開業に関してはデメリットの方が多いです。

開業して自分の城をつくったとしても、院長は孤独です。そして、多忙な毎日が続きます。

スタッフには無理をさせられないから、院長だけが「ひとりブラック」という状態です。診療室に入っていない時も休日も、ずっと何かしらの仕事があります。今、成功している院長は、例外なくストイックに仕事に取り組んできた人達です。それが楽しいと思える人だけが開業すべき、といえるでしょう。

支えやモチベーションは、院長によってそれぞれですね。とにかくお金を稼ぎたいという人もいますし、「自分すごい」と自画自賛しながら頑張っている人もいます。私の場合は、嫁と子どもです。やっぱり家族に支えられていますね。