オーラルケア市場は4,000億円 未病管理は歯科医院の待合室から

人生100年時代と言われるようになった現代においては、健康寿命を伸ばすためにも未病管理が大切だと言われています。未病とは、健康と病気の間。つまり、自覚症状の有無に関わらず段々と健康から病気へと向かう過程のことで、歯科領域では「健康な歯から虫歯に向かう段階」と言い換える事ができます。

予防歯科と呼ばれる「虫歯にならないように」「一本でも多く自分の歯を残せるように」という分野はそのまま未病管理でもあり、ここに歯科医院経営の大きなマーケットも存在します。

日本のオーラルケア関連の市場規模は4,000億円!

中原先生_歯ブラシいろいろ
(画像=中原維浩)

皆さんは日本のオーラルケアマーケット関連製品の市場規模がどれくらいか、ご存知ですか? 年々増加を続け、なんと今では4,000億円以上もの市場規模となっています。しかし残念なことに、その大半がドラッグストアーやスーパー、コンビニなどの購入であり、歯科医院での購入は全体の10%ほどしかありません。

せっかく歯科医院のスタッフは歯科の専門集団で、あらゆる質問や悩みに対して適切に回答できるのに、90%の人はほとんど誰にも相談せず自分の感覚でオーラルケア関連商品を購入しているのです。

口腔の専門である我々はグッズの良し悪しはもちろん、正しい使い方や症状別の対策まで正しく理解しているのに、それを伝えずに果たして「予防歯科を行なっている」と言えるのでしょうか?

既存客にとらわれず新しいマーケットを創造

基本的に歯科医院は「虫歯になったら行くところ」と認知されているのが一般的です。逆に言うと、虫歯になっていない人を「定期検診」以外で足を運ばせることは、なかなか難しいのが現実です。

しかし最近話題の他業界の例を見てみると、メガネ屋さんは本来「目が悪い人が行く場所」であったにも関わらず、メガネ屋のJINZはブルーライトカットのメガネを作り出しました。その結果、「目の悪い人」から「PCを使う全ての人」へとターゲットを大きく拡大することに成功し、商品は大ヒット。メガネユーザーのあらたな市場が生まれたのです。

このように固定観念に縛られず、今までにないところへマーケットを広げていくことが歯科医院経営にも求められています。「未病対策」は、その大きな手段と言えるのではないでしょうか。

私が2017年に全国の歯科医院を約40軒、一年間の物販売り上げを調査したところ、平均売り上げは約14万円でしたが、中には60万前後になっている医院もありました。また「物販売上が増えることでデンタルIQが上がり、自費診療の売り上げも上がるというデータもある事から、物販の金額以上の売り上げ貢献も考えられます。

このように待合室をうまく活用して患者様のニーズに合わせて販売を行なっていく事が、私の考える「医療物販学」です。

それでは具体的に歯科医院でできることを見ていきましょう。