退職回避! 院長が知らない女性のコミュニケーション術

「スタッフが辞めない医院づくり」に欠かせないコミュニケーション術

「スタッフの離職率が高くて悩んでいる……」

そんな悩みを抱えている院長先生に真っ先に学んで欲しいのが、「対女性」のコミュニケーション術です。

「スタッフが辞めない医院づくり」にとって、なぜコミュニケーションが欠かせないスキルなのでしょうか。

そこには年代や性別の違いも大きく関わってきます。

早速詳しく解説しましょう。

貴院のスタッフは「指示待ちスタッフ」ではありませんか?

院長として経営や治療に日々の仕事が忙しくなると、スタッフに対して「いちいち私の指示を聞かなくても自発的に動いてくれないか」という気持ちを持つ場合もあるのではないでしょうか。

確かに、それぞれのスタッフが自発的に正しい行動を取ってくれたら、最高です。

しかしまずご自分の医院のスタッフをイメージしてください。

20代の若い女性が多いのではないでしょうか?この世代は、「新しいことや変化をあまり好まない」という特徴があります。

歯科医師として熟練になりつつある30代から40代以降になると、「見て学ぶことの大切さ」を十分理解し、ご自身もそのように様々な技術を磨いてこられたことでしょう。

ましてや院長という立場であれば、常にご自分で問題を発見し解決法を考えて、提案したり自ら行動し続けたりしているのではないでしょうか。

そのような対応をスタッフにも期待してしまったとしたら、それは仕事歴の浅い20代スタッフには難しいことです。

経験も少なければ、年齢やキャリア的にも自分の主張をしにくいので、その結果、どうしても「指示待ち」になってしまうのです。

まずはこのような「違い」があることをしっかりと認識しましょう。

コミュニケーションの食い違いは離職につながる

それではそのようなスタッフたちにとって「満足のいくコミュニケーション」とはどのようなものなのでしょうか?

相手が情報を自ら取りに行くスタッフか、指示待ちタイプなのかによって、必要となるコミュニケーションの濃度も異なります。

院長がこの点を理解していないと、スタッフとの間にコミュニケーションの食い違いが起き、その結果「なぜ彼女たちは自発的に動かないのだろう?」とフラストレーションばかり溜まってしまいます。

しかしそれはスタッフが悪いわけではなく、コミュニケーションが足りない、あるいは方法を間違えているからかもしれません。

院長が「なぜ自発的に動かないんだ」と感じていると、どうしてもそういったネガティブな感情は伝わってしまいます。

女性は相手の感情に敏感です。そうすると「なぜ機嫌が悪いんだろう?」「余計なことをやって怒られないように、言われたことだけやろう」と負の感情が連鎖してしまいます。

スタッフと院長のあいだにコミュニケーション不全が生じると、お互いに不満を抱きながら仕事を続けることになり、ストレスは高まる一方ですから、院長が感情的に叱る場面も増えるでしょう。

こうなるともう完全な悪循環です。この結果、双方の関係が改善する前に、スタッフが辛抱できず辞めてしまうのです。