歯科医師の年収徹底調査 勤務医・開業医の違いは?

本記事では、歯科医師の平均年収について、勤務している歯科医師・歯科開業医・歯科診療所の院長ごとに詳しく紹介した後、近年の歯科医師年収の傾向と今後についてお伝えします。なお、勤務している歯科医師に関しては、全体の年収相場だけでなく、診療所規模別、勤務先形態別、男女別の平均年収についても解説します。

勤務している歯科医師の平均年収

勤務歯科医師の平均年収について、厚生労働省の「第22回医療経済実態調査(2019年実施)」「令和元年賃金構造基本統計調査」のデータを参照しながら、全体の年収相場、診療所規模別、勤務先形態別、男女別に解説していきます。

勤務歯科医師全体の年収の相場

「第22回医療経済実態調査」によると、歯科診療所(医療法人)に勤務する歯科医師の平均収入は、以下の通りでした。

・2017年度:551万円
・2018年度:564万円

個人立の歯科診療所で、代表ではなく従事者として勤務する歯科医師の平均収入は、以下の通りとなっています。

・2017年度:651万円
・2018年度:632万円

また、「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、2019年時点で企業規模10人以上の歯科医院で働く歯科医師の平均年収は570万円でした。

以上のデータにより、勤務歯科医師全体の年収は、500万円台〜600万円台が相場といえるでしょう。

診療所規模別の平均年収

前掲の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、企業規模10人以上の歯科医院で働く歯科医師の平均年収は570万円ですが、企業規模別に数字は異なります。

・企業規模 1,000人以上:平均年収 344万円
・企業規模 100~999人:平均年収 299万円
・企業規模 10~99人:平均年収 847万円

一般論として、企業規模が大きくなるほど給与水準は高くなりますが、このデータを参照する限り、歯科医師の平均年収はその傾向の通りではありません。

勤務先形態別の平均年収

同じ勤務歯科医師でも、どこに勤務するかによって平均年収は異なります。

「第22回医療経済実態調査」では、の2018年度の平均歯科診療所(医療法人)年収は564万円、一般診療所(医療法人)の場合は572万円、一般病院の平均年収は1,210万円となっています。

他にも、歯科医師の勤務先として大学病院がありますが、大学病院は教授・准教授・講師・大学院生といった立場によって給料は異なり、一般的に大学病院の給料は勤務医や開業医に比べると低いとされています。

男女別の平均収入

「令和元年賃金構造基本統計調査」に基づく勤務歯科医師の平均年収(男女計)は570万円ですが、男性は652万円、女性は472万円と、双方の平均年収には差がある状況となっています。

歯科開業医の平均年収

「第22回医療経済実態調査」によると個人開業の歯科診療所の院長の平均収入は、2017年度で1,176万円、2018年度は1,201万円となっており、2017年度から2018年度にかけて約2%増加しています。

また、日本歯科総合研究機構「現在を読む」(2015年度版)によると、2007年から2014年にかけての開業歯科医師の平均収入は、1,000万円台から1,400万円台の間を推移していました。このことから、歯科診療所の院長の収入は10年以上にわたって同じような水準を保っていることが分かります。

なお、同データによると、個人開業の歯科開業医の平均年収が、医療法人の歯科開業医の平均年収を下回る年度が多くなりますが、双方は会計上の扱いが異なるため、単純に比較することは難しい点には注意が必要です。

歯科診療所院長の平均年収

「第22回医療経済実態調査」における医療法人である歯科診療所の院長の平均収入は、2017年度で1,416万円、2018年度は1,429万円となっており、2017年度から2018年度にかけて1%増加しています。この増加率は歯科開業医と同水準です。

また、前掲の「現在を読む」によると、2007年から2014年にかけての同数値は、1,200万円台から1,400万円台の間を推移しており、ここ15年ほどは同じような水準をキープしています。

同データによると、医療法人の歯科開業医の平均年収が、個人開業の歯科開業医の平均年収を上回る年度が多くなりますが、前述したように単純比較は難しいため、参考上の数値と考えると良いでしょう。

近年の歯科医師年収の傾向と今後

ここまで見てきた通り、歯科医師の平均年収は、個人開業、医療法人の院長のケースともに、ここ10年程度は同じような水準を保っています。

また「平成30年版厚生労働白書」によると、歯科医師数はここ数十年、増加傾向にあり、現在の登録者数は約10万人で、「人口10万対歯科医師数」は80.5人(2018年)と増えつつあります。

歯科診療所の数も6万8,500(2019年時点)と20年近く横ばい傾向にありますが、その一方で、今後日本国内は人口減少に向かっていくため、他の診療所との差別化や集客などが課題になっていくでしょう。

まとめ

勤務歯科医師の平均年収は500万円台~600万円台といえます。

また、開業歯科医師の平均年収は、ここ10年ほど1,000万円台から1,400万円台の間を推移し、歯科診療所院長の平均年収は1,200万円台から1,400万円台の間を推移しています。

歯科診療所数は横ばい傾向ですが、今後日本は人口が減少していくので差別化や集客などが課題となるでしょう。

【おすすめセミナー】
・【無料】10年以上応募ゼロから3ヶ月でDH2名採用! 歯科衛生士・歯科助手採用セミナー