開業指南03

私、小塚義夫は、名古屋に『つゆくさ歯科医院』を開業して10年が経ちます。開業以来売り上げもメインテナンス数も右肩上がりで、自費率約30%以上の安定経営を行なっています。「歯科開業医として成功を収めるために、勤務医時代に何ができるのか?」「将来のビジョンをどのように立てるべきか?」など、私の開業から今日までの軌跡を振り返りつつ、歯科医院開業のメソッドを解説していきます。

3回目の今回は、「治療技術編」。 歯科医院の開業にあたって、安定した集患を得るためには、しっかりとした治療技術を備えていることは大前提ですが、私は「勤務医時代の最初の3年間で、基礎的な治療スキルの90%以上が固まる」と思っています。

そしてその後、誰もが『3年目の壁』にぶつかりますが、それはいったいどのような壁なのでしょうか?乗り越える方法は、あるのでしょうか?

また将来開業するつもりなら、治療技術の習得と両立しながら経営についても学ばなければなりません。そのために、どういったバランスで学んでいけばいいのか、についても解説いたします。

歯科医師としての技術は、最初の3年間で90%以上の基礎的なスキルが固まる!

歯科医師としての治療技術の軸は、勤務医時代の 最初の3年間でほぼできあがります。

ご存知の通り歯科医院によって、力を入れている治療内容や治療方針が異なります。小児歯科に力を入れていたり、歯内療法に精通していたり、予防に特化した設備を整えていたりする医院もあるでしょう。

治療技術の基盤をしっかりと習得するためには、勤務医時代、在籍する医院の考え方や方針に自分を染めるようにします。自分なりの判断は後回しにして、まずはその医院のやり方に染まるよう、院長や先輩歯科医のスキルを盗むぐらいの強い気持ちで学び取るのです。

その方針や考え方が、自分に合っているかどうかの判断は後にすること。それが、効率よく治療スキルを習得するコツです。

新卒の勤務医は、学生時代の考えを捨てましょう。そして、中途採用されたドクターは、これまでの歯科医院で身についていた癖を捨ててください。
別の医院に転職する時は、今まで勤めていた医院の考え方・やり方は、捨て去ることが鉄則です。

「これまで慣れている方法や考え方と違う」と感じても、「別のやり方を新しく学べる」とポジティブに捉えることで、その歯科医院が構築した独自のスキルを身につけることができるのです。
歯科医師を雇っている医院というのは、経営で成功している歯科医院です。必ず「盗む」べきポイントがあると考えてください。