無条件に信頼して大丈夫?先輩歯科医師から紹介された金融商品を信じると損するかもしれない理由

はじめまして。(株)ビジブルのCEOの山上真司です。私は住宅・保険の営業経験を活かし、現在は資産運用や保険のコンサルタントとして活動しております。年間150件の新規相談、70回ほど開催しているセミナーでは、金融業界の裏話や営業マンの本音などをお伝えしてきました。これまで中立的な立場からお客様の問題を解決してきました。

多くの歯科医師の先生方のご相談もお受けしてきましたが、他の相談と比べても特に「もったいない」と感じることが多くありました。そこで本連載では「歯科医師の先生方が損をしないお金の使い方」をお伝えしていこうと思います。

紹介文化が根強い歯科業界

AdobeStock_316505340_grek881_600_400
(画像=grek881/stock.adobe.com)

「知り合いに紹介されたものは良いもの」って本当?

3年ほど前の話です。長年お付き合いのあるクライアントに「この辺りで美味しいラーメン屋はありますか?」と聞かれた際、好みを細かくヒアリングした上で「ではA店ですね!」と自信満々で勧めたことがあります。

ところが後日、「あまり口に合いませんでした…」とのご報告を受け、自信満々でお伝えしただけに顔から火が出るほど恥ずかしい思いをした覚えが。情報を収集して分析し「この人に合うだろう」と自信を持って提案したのですが、それでも全く的外れだったのですね。

実は、同じことが歯科業界でも起こっています。 今まで数多くの歯科医師の先生方のコンサルをさせて頂いた上で、歯科業界は「紹介文化」が根強いと感じています。既に開業されていらっしゃる先生は、開業時に導入する設備やシステム、様々な商品やその担当者など、紹介されたご経験があるのではないでしょうか。

ラーメンであれば美味しくないことに一口目で気づけますが、金融商品は無味無臭で、形すらありません。そのため商品の本当の善し悪しに長年気づけないまま、野放しにされているケースが非常に多いのです。

このような背景からか、先生方からお金に関する相談を受けていると、もったいない保険の入り方や資産運用をしている方が多いと感じます。

例えば…

  • 生命保険に年間100万円以上の保険料を払っているにも関わらず、歯科医師にとって死活問題である手のケガや視力低下などによる「働けないリスク」の保障を持っていない
  • 「預貯金よりは増えるレベル」の金融商品に年間数百万円の積立をしている

このような先生方に「どんな経緯でこの保険や金融商品を購入することになったのですか?」と聞くと、「院長の紹介」「先輩ドクターの紹介」「友人が保険屋で」という理由がほとんどでした。

なるほど。これは歯科医師に限ったことではないかもしれませんが、知人や先輩の紹介だとその人自身を信頼しているが故に、専門知識が必要なものであっても無条件で信頼してしまうのかもしれませんね。改めて言います。紹介による商品は、必ずしもあなたにとって最適とは限りません。