借り入れ金額や老後の資金計画など歯科医院長によくある「お金にまつわる」3つのご相談

こんにちは。 イレブン税理士事務所 飯谷慎平です。

コロナ禍で集患しづらい…そこで、設備投資を含め、歯科医院でできる治療のアピールのために資金を投入しようと考える院長は大勢いらっしゃることでしょう。そんな時、「どこまでお金をかけていいもの?」という漠然とした不安に陥ることはありませんか?

歯科専門税理士としては、安定経営を継続するためには「お金の見える化」が必要です、というアドバイスをします。

わたしがサポートさせていただいている範囲では、2020年の4~5月頃には最もコロナ禍の影響がありましたが、今では例年並もしくは8割掛け程度まで経営状況が回復している歯科医院がほとんどです。

これからもっと医院を大きくされたい、稼ぎたい、という攻めスタイルの院長先生が多いので、現状のニーズを見極めて積極的に様々な改革を進めているからでしょう。コロナ禍でも売上は伸びていないものの、それほど影響を受けていない、といった状況です。

わたしも歯科専門税理士として、コロナ禍であったこの一年は特に、より有利に資金調達を行うために、かなり感度の高いアドバイスをさせていただきました。

お金の見える化とは?そして、コロナ禍でも安心して歯科医院経営を継続していく方法とは?

歯科専門税理士から見たコロナ禍の医院経営について、全4回の連載でお伝えさせていただきます。みなさまの医院の安定経営のヒントになれば幸いです。 第一回目は、歯科医院を経営する院長から寄せられた「歯科専門税理士に聞いてみたい!よくあるお金にまつわるご相談」をQ&Aスタイルでご紹介します。

Question 1:
「僕の診療報酬なら、1億円借りても大丈夫ですか?」

AdobeStock_248418870_buritora
(画像=buritora/stock.adobe.com)

Answer1

1億円の借り入れを15年間で返す場合、月々60万円の支払いになりますが、それが払えるか?ということを考える必要があります。支払えるかどうか計算する時に必要なのが、年間の固定費にいくらかかっているかということ。

初回にお話する際には、「医院の固定費は年間おいくらですか?」と必ずおうかがいしますが、ほとんどの院長先生が「知らない」といいます。