コロナの影響を最小限に!”攻めの経営スタイル”で成功レールに乗る歯科医院に

みなさん、こんにちは。 イレブン税理士事務所 飯谷慎平です。

コロナ禍だったこの1年余り、歯科専門税理士として、様々な資金繰りに関するご相談に対応させていただきました。歯科業界に関しては、2020年4~5月が最もコロナ禍の影響を受けていた印象でしたが、1年経った今では例年程度~8割くらいに戻っている印象です。

特にわたしがサポートしているのは、「これから医院を大きくしていきたい」「もっと稼ぎたい」と考える”攻めスタイル”の院長先生が多いため、この機会に色々と改革をされていて、上手く経営の梶を切れています。それもあってコロナ禍の影響をうけているところは少ない、という体感があります。

全4回のシリーズで、歯科専門税理士から見たコロナ禍の医院経営についてお伝えしております。2回目の今回は、コロナ禍でも影響を受けていない、”攻めスタイル”の医院経営について解説させていただきます。少しでも、みなさまの安定経営のヒントになれば幸いです。

わたしがサポートしている範囲では、コロナ禍でもあまり影響を受けていない、”攻めスタイル”の院長先生がほとんどです。その理由は、しっかりと資金繰りなどの対策を行ったからといえます。 歯科専門税理士として安定経営のサポートをさせていただいている経験から、成功レールに乗っている”攻めスタイル”の医院経営とは、どのような施策をとっているのか、今回もQ&Aスタイルでご紹介します。

Question 1:コロナ影響が少ない“攻めスタイル”の院長とは、どんなタイプ?

AdobeStock_224653740_polkadot_600_400
(画像=polkadot/stock.adobe.com)

Answer1

コロナ禍でも大きく影響を受けていない、”攻めスタイル”の院長先生に共通するのは、方針をしっかり固めて歯科医院経営をされている点です。まずは競合を研究して集患層を決めるなど、マーケティングをしっかりとされているという特徴があります。

例えば開業の際に「この治療をやりたい」といった目標があれば、その治療をやりたい世代を集患する方法を考えます。そのためにどこに医院を開くか、どんなメディアに広告を出すか、といった分析が必要になります。