歯科医師が知っておくべき 医院経営の戦略化とは

歯科医院間の競争が激しくなり、新患獲得や患者様の確保が思うように伸びないことで悩んでいる歯科医院の院長歯科医師は多いようです。これからの歯科医院経営には他院との差別化が必要となり、そのためには戦略化が重要です。この記事では、歯科医院の院長が経営を戦略化させるための基本と意識したいポイントについて解説しています。

歯科医院経営で必須の戦略化とは

歯科医院経営において欠かせない戦略とはどのようなものなのでしょうか。戦略の重要性と種類について紹介します。

戦略化の考え方

ビジネスにおける戦略とは、理想や目標を定め、現状とのギャップを分析し、達成するための道筋を明らかにする取り組みです。いわば歯科医院が進むべき方向性を考えることであり、描いたビジョンを実現するための具体的な方針を決めることでもあります。

歯科医院経営で考える戦略では、新患獲得と患者離れの防止を目的として医療サービスの質やスタッフマネジメント、集客・リピート戦略、運営効率、資金管理などを対象に具体策を講じていきます。

歯科医院の院長が戦略を立てるべき理由

歯科医院経営の成功にはその場しのぎの対策ではなく、正確な現状分析をもとにした戦略を立てなければなりません。厚生労働省「医療施設(動態)調査・病院報告の概況」(2019年)によると、歯科医師数はここ数十年緩やかな増加傾向にあり、2019年時点で歯科診療所数は6万8,500件と過去最多を記録しています。

一方で日本国内の人口は減少傾向です。今後は患者の総数が減少し、患者のさらなる奪い合いが見込まれます。これからの歯科医院経営には患者に選ばれる強み、さらにはスムーズな運営を可能にする戦略が必要です。

歯科医院の院長が知っておきたい戦略の種類

戦略は大きく2つに分けられます。1つは「組織戦略」と呼ばれ、理想の組織を実現するための組織運営に関わる戦略を策定します。もう1つの「競争戦略」は業界内で優位なポジションを確立するための戦略です。それぞれ以下で詳しく解説します。

歯科医院の院長が医院運営の戦略化で検討すべきポイント

組織戦略で行うのは人材・物・お金・情報・時間といった経営において不可欠な資源の管理です。ここでは歯科医院の院長が経営をするうえで重要な人材、お金、情報について解説します。

人事戦略

歯科医院のオペレーションを成り立たせるうえでスタッフの存在は必要不可欠であり、スタッフのマネジメントは最も優先すべき課題です。スタッフのスキルや姿勢はサービス提供の質や効率、接遇の良し悪しにもつながり、さらには集客にも影響を及ぼします。

スタッフが担当する業務範囲が以前よりも拡大していることから歯科知識や技術だけでなく、サービス性の向上も必要でしょう。なお、売上1億円超の歯科医院では積極的に人件費をかけている傾向があり、人材への投資は歯科経営において重要であると考えられます。

財務戦略

多くの支出が必要なビジネスである歯科医院では、キャッシュフローを管理しサービスの質とコストのバランスを安定させることが必須です。開業時には物件取得、改装、医療機器の調達といった多くの初期コストがかかり、その後は運営を続ける限り医療機器のリース料、材料費用、人件費などのランニングコストが必要になります。

利益を出すためにコストの削減を図りたくなりますが、質の高い医療サービスを提供するためには機器やスタッフへの投資は惜しまないことが重要です。

システム戦略

患者や予約など情報活用をスムーズにするシステムの導入も近年は重要な戦略です。予約管理システムや電子カルテ、財務管理システムなどさまざまなシステムが開発され、作業効率の向上を実現しています。

また、多様な決済手段への対応も自由診療には役立つはずです。決済サービスの導入には費用がかかり、システムの整備が必ずしも必要なわけではありませんが、運営効率化や患者の利便性アップを目指すためには検討したい施策でしょう。

歯科医院の院長が競争戦略について意識すべきポイント

競合医院との競争のなかで自院が選ばれるために意識したいポイントがあります。ここでは競争戦略で特に重要な市場調査、競合調査、そして差別化について解説します。

市場調査

市場調査は市場の動向や患者のニーズを把握し、施策を立てるために行います。歯科医院は地域密着型が多いことから商圏は半径250~500mといわれ、車での移動も含めると半径約4kmが目安です。

商圏内の人口や性別、年齢層、職業といった属性を調査しデータ化、分析することで地域の特性を理解します。歯科医院に求められるニーズを洗い出すと同時に、競合医院の把握もできるため戦略策定に活用できるでしょう。

競合調査

競合調査は、商圏内で競合となりそうな他の歯科医院について把握し、自院と比較・分析を行う調査です。治療内容やサービス、立地、料金、宣伝方針などがおもな調査内容となり、分析方法にはマーケティングにおけるフレームワークの1つである「4P分析」が多く用いられています。

4Pとは以下の頭文字で、効率的な戦略を導き出すためのマーケティング要素です。

  • Price(価格や支払い方法)
  • Place(立地や商圏範囲)
  • Product(サービスや品質)
  • Promotion(広告宣伝やコミュニケーション)

差別化要因の洗い出し

市場調査と競合調査の結果をもとに、他院と差別化が図れそうなポイントを洗い出します。差別化のポイントを見つける際に重視する点は2つです。

  • 1.他の医院と異なっている、または優れていること
  • 2.それが患者のニーズに対応していること

例えば「自由診療で多様な選択肢を提案できる」、「高い技術で痛みの少ない、安全な治療ができる」など患者が求める治療法や悩みに寄り添えることも差別化の1つになります。

まとめ

歯科医師数や歯科医院数が増加している近年は、診療に力を入れているだけでは思うような集患が困難になっています。スタッフのマネジメントはじめ、サービスの充実なども視野に入れ歯科医院全体で方針を定めなくてはなりません。医院存続のためにも経営を戦略的に考え、対策を講じる必要があります。

《情報収集で参考したサイト》
引用元:厚生労働省 令和元(2019)年医療施設(動態)調査・病院報告の概況 Ⅰ 医療施設調査
引用元:厚生労働省 医療経済実態調査(医療機関等調査) / 第22回医療経済実態調査(医療機関等調査) / 報告 歯科診療所(集計2)