【歯科医院】教育・研修のオンライン化!成功の秘訣とは?
(画像=PIXTA)

医院の発展と個々のスキル向上を目指し、人材育成に力を入れている医院様が多いと思います。

しかし、なかなか結果が伴わない…。という医院様も多いのではないでしょうか?

激化している歯科業界で結果を出していくためには、診療技術は当然ですが患者様対応も重要ですよね。

そんな医院様におすすめなのが、「教育・研修のオンライン化」です。

ひと昔と違って、現在はZoomミーティングや動画などで対応できるため、セミナー会場へ行くこともなく手軽にプロの教育・研修を受けることができますよ。

院内教育オンライン化の3つの特徴

スケーリングする歯科衛生士_AdobeStock_294519837_milatas_600_400
(画像=beeboys/stock.adobe.com)

「オンライン教育・研修」には、次の3つの特徴があります。

  1. 移動の必要がない
  2. コスト削減になる
  3. 対面型と変わらないクオリティ

オンライン化してしまうとコミュニケーションが取れにくくなるなど、制約が増えるのでは?と不安な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ビデオ会議ツール等を使用したライブ配信での研修なら、対面型の研修と変わらずリアルタイムでコミュニケーションをとることができますし、受講者のグループ分けでディスカッションも可能です。

使い方次第で、対面型よりも効率的に進められるようになるのです。

IT端末と通信環境等、最低限の準備さえできれば、いつでもどこからでも受講できます。

対面型に比べ制約が少なく、同じ内容のプログラムを皆が平等に受けられるため、休暇取得中のスタッフの教育フォローになる等、適正な人材育成の観点でもとても有効な方法といえるでしょう。

成功させるには「プログラム設計」が大切!

微笑む歯科衛生士_AdobeStock_375262115_Paylessimages_600_400
(画像=Paylessimages/stock.adobe.com)

研修は、「受講して終わり」ではありません。職務スキル向上をゴールに設定することが大切です。

オンラインでもオフラインでも、研修を行うのであればスタッフに求める姿・医院としてあるべき姿を明確にして、現状と比べてどのような課題があるのかを把握し、行動変容を促す「研修プログラム」を組み立てる必要があります。

そのために要点を洗い出し、優先順位をつけて設計しましょう。

行動変容を促すには、受講者自ら考えるきっかけをつくる・スキルを体感するのに効果的な「グループディスカッション」や「ロールプレイング」などを取り入れることが重要です。

オンライン研修の開催者となるなら、指導・管理・プレーヤーの3つの役割を同時進行しなければなりません。

開催者がこれらの役割を果たせなければ、プログラム通りに進まず、時間の無駄になってしまうでしょう。

【最先端】教育のアウトソーシング化のメリット

治療する年輩の歯科医師と歯科衛生士_AdobeStock_248418975_buritora_600_400
(画像=buritora/stock.adobe.com)

そこでおすすめなのが、「教育のアウトソーシング化」です。

会計・税務等あらゆる分野で行われるようになったアウトソーシングは、

  • スピードと品質アップ
  • 仕事効率化
  • ニーズの変化を捉える

これらのメリットがあります。

例えば、貴院独自の研修をオンライン化する場合、研修支援サービスを提供しているところに依頼すれば、貴院の特性を生かしたプログラム編集・準備・配信までを支援してくれます。

プロのノウハウが織り込まれ、研修の効果も格段に向上します。

アウトソーシングのメリットの1つに、「ニーズの変化を捉える」とあります。

  • 激戦の歯科業界で、より多くの患者様を獲得するためには何が必要か?
  • 新型コロナで医院の患者様が激減。安心して来院してもらうためにはどんな対策・アプローチが必要か?

状況が大きく変化したときや医院の在り方を見直したいとき、「何をすれば効果的なのか」を探り、それをスタッフ全員に教育するには多くの時間が必要になります。

そんなとき、「オンラインセミナー」や「〇〇講座」などを取り入れれば、「その道のプロ」が提供する情報をいち早くキャッチすることができます。

前述のとおり、教育や研修をオンライン化したとしても、従来の対面型とそれほどクオリティは変わりません。 手軽に「プロの研修」を受けられるなら、使わない手はないでしょう。

歯科医院に人気のセミナーをご紹介

AdobeStock_375261784_Paylessimages
(画像=Paylessimages/stock.adobe.com)

コロナ禍でオンライン化が加速し、すでに多くの医院様が「オンラインセミナー」「ウェビナー」等を取り入れています。

そこで、最近話題となっている人気セミナーをいくつかご紹介します。

接遇マナー講座

競争の激しい歯科業界では今、「患者対応」がテーマ。 診療技術は当然ですが、患者対応の良し悪しが患者様の獲得を左右するといわれています。

そのため、挨拶・身だしなみ・言葉遣いはもちろん、不安や緊張を抱える患者様のケアといった「医療接遇」を学べるセミナーが人気です。

デンタルカウンセラー資格取得講座

歯科医療を継続して続けてもらうには、「安心して通える医院」であることが重要です。

診療方針を押し付けるのではなく、患者様の本音を引き出して治療に活かす自立型診療をするには、カウンセリング力を身に付けなくてはなりません。

淡々と治療をするのではなく、患者様に寄り添える「ワンランク上の歯科助手」を目指したい方に人気のセミナーです。

マネー研修

この講座は、個人のお金の使い方を学び、社会人としての金融リテラシーを身に付けることを目的としたもの。

「個人のお金」を学ぶことで帰属意識が高くなり早期離職防止に繋がるほか、個々の働くモチベーションを上げることができるため、職場全体の成長につながるといわれています。

一見、歯科医療と関係ないように思われる内容ですが、実は今とても注目を集めているセミナーの1つです。


ここまで、教育・研修のオンライン化についてお伝えしてまいりました。

従来の対面型と変わらないクオリティで、効率的・積極的にスタッフに学ぶ機会を提供できる「オンライン教育」。

まだオンライン化が進んでいない医院様は、アウトソーシングで取り入れてみてはいかがでしょうか?

【おすすめセミナー】
・【無料】たった4ヶ月で歯科衛生士276名の応募獲得! 歯科衛生士・歯科助手採用セミナー