歯科衛生士の応募がない原因 採用キャッチコピーのここがダメ

歯科衛生士を募集しても、応募がまったく来ない!とお悩みの先生もいらっしゃるのではないでしょうか。

・グッピーに求人を載せても応募が来ない。

・とらばーゆに載せても応募が来ない。

・時間とコストばかりがかかり全く成果が上がらない

ないない尽くしで掲載費だけが膨らんでゆく…そんな状態は打破したいもの。

実は、応募が来ない一因として、「キャッチコピー」が考えられるケースが多いのはご存じでしょうか。

キャッチコピーが歯科衛生士当人の目線で出されていないと、きちんと応募者を集められません。

この記事では、「求人を検索する歯科衛生士はどこをチェックしているのか」「求人に載せるべきではないキャッチコピー」「どうしても応募者が集まらない場合に活用するもの」などをご紹介します。

1. 歯科衛生士の応募が来ないのはキャッチコピーのせい!?

pixta_81532194_M_歯科助手_歯科衛生士
(画像=pixta)

「何度求人を出しても、応募が来ない。」

そんなときは、「その広告が本当にターゲットに届いているのか」を考えてみましょう。

広告は非常に数が多いので、いくつもの競合の中から「この歯科医院の話を聞いてみたい」と思わせなければなりません。

そのため歯科衛生士さんの目線に立って「応募したい求人」「魅力的に映る求人」とは何かから考えなおす必要があります。

そこで、歯科衛生士さんから見た「応募したい魅力的な求人」を把握するため、求職中の方の行動を追ってみましょう。

求職中の歯科衛生士さんは、まず求人サイト(グッピー・とらばーゆ・ハローワーク・JobMedleyなど)で希望の条件・勤務地を入力して検索してみる方が多いはずです。

例として、グッピーで検索した場合を確認していきましょう。

まず、「東京」「正社員」「月収25万円以上」の条件で検索してみます。すると、882件もの求人が見つかりました。

歯科衛生士求人
(画像=グッピーの検索画面)

この検索結果で出てくるのは、入力した希望条件を満たしている求人です。

しかし、すべてをチェックするとなると非常に時間や労力がかかるため、求職者はざっと上から順番に流し見をし、気になる医院をクリックしていく方法を取るでしょう。

歯科衛生士求人2
(画像=グッピーの検索結果ページ)

求人を流し見していく場合、応募者の目に入りやすいのは「画像や、画像内にあるキャッチコピー」「オレンジ色のキャッチコピーの前半」ではないでしょうか。

細かな文字で記載されている情報(住所・名称・最寄り駅など)よりも、断然目線が向きやすいはずです。

つまり、画像・キャッチコピーでいかに「この歯科医院、いいかも!」と応募者に思わせるかが、他院と差をつけるポイントとなります。

どんなに求人ページを作り込んでも、詳細ページにどんなによい情報が載っていても、クリックしてもらわなければその情報を知ってもらえません。

「よい条件で求人募集をかけているはずなのに、応募が来ない…」

そんなお悩みを抱えているなら、求人そのものではなく、キャッチコピーに改善点がある可能性も考えられます。