チーム力がアップ、ぶれない経営を生みだす「風通しのいい組織」とは

歯科医院経営の悩みは「診療」と「診療以外」に大きく分けられます。

実際に以前の私は診療を突き詰めて、技術の研鑽だけすれば、何もかもがうまくいくと信じていました。

でも実際に経営と診療をしてみたら、「診療以外」の部分の悩みが大半でした。

学生時代に診療以外のことについて学ぶ機会は少ないため当然かもしれませんが、診療以外の部分で院長や現場がつまずいては経営面でマイナスをもたらすリスクがあります。

この連載では、「診療以外」の悩みを最小化し、「診療」に集中できる医院作りのヒントをお伝えしたいと思います。

今回はぶれない経営を生みだす「風通しのいい組織」についてお話しします。

情報とうまく付き合う歯科医院だけが生き残る

pixta_86616691_M_歯科医師_パソコン
(画像=pixta)

情報過多の現代はアウトプットが大切

情報過多の現代で生き残っていくためには、情報との付き合い方が大切です。

2020年に137回の講演を行った私からお伝えしたいのは、「ただ単に情報を入れるだけでは何の意味もない」ということです。

本来「情報」は、自分が何をしたいのかを知った上で、自ら掴みにいくもので、情報の「波に乗る」のと「波にのまれる」のは違います。

その時に大切なのはインプットではなく、アウトプットのほうです。

インプットばかりでアウトプットしないのは、撮影した画像を見られないデジカメのようなものです。

つねに「どうやってアウトプットしようか?」と意識しながら、情報の波に乗ることが大切です。

歯科院長は頭の切り替えが必要

情報をアウトプットする上で、ひとつ注意点があります。

私たち歯科医師がおこなう「診療」は、完全に「勝ちゲーム」で「絶対に失敗しない」と思ったことしかやってはならない仕事です。

100%できると確信してからでしか、踏み出してはいけません。

しかし、「診療以外」の業務は、1%でも「やってみる」ことが、円滑な歯科医院経営に繋がります。

100%の「診療」と1%の「診療以外」の頭の切り替えが、わたしも苦手でした。

これが、今回のテーマの1つである「診療か診療以外か」ということになります。

情報の波に乗っていくコツ

では、どうすれば上手に情報の波に乗っていけるのでしょうか? 

コツは得た情報を「自分ゴト」にすることがあげられます。

情報に対しては、大半の人が、how to という「事柄」を追いかけてしまいがちです。

情報を「自分ゴト」に落とし込める人は、何か良い話を聞いた際に以下のように考える人です。

  1. その人はどのような感情で、なぜそう思ったのかを読み解く
  2. 「自分は明日から〇〇してみよう」と思う
  3. 「〇〇したら、みんなどのような感情になるのだろうか?」

上記のように考えが及ぶと「自分ゴト」にしやすくなります。

このように相手の思いを理解して「自分ゴト」としていくことで、他の人とのコミュニケーションも増えていきます。

すると仕事も楽しくなり、楽しくなれば効率もよくなります。

その結果、自由な時間も増え、稼いだお金を楽しく使うこともできるようになります。

時代とともに変化する組織

pixta_40541439_M_歯科医師_歯科助手_パソコン
(画像=pixta)

Companyの由来からわかるもの

Companyの由来をご存知でしょうか。

実は、このCompanyという単語は「Com」と「pany」の2つに分けることができます。「Com」は「ともに」、「pany」は「パンを食べる」という意味の単語です。

つまり、日本でも昔からよく言われる「同じ釜の飯を食う」ということになります。

一丸となって、目的地に向かっていくチームプレーが大切なことを意味しています。

「こんなパンを作りたい」などと思いを語る人に対して、「じゃあ、わたしは○○します」と提案し合う。

お互いを認め、高め合いながら、本来の理想に近づいていく世界観を表したのではないかと思います。

歯科医院に例えると

  1. 「こんな医院を作りたい」と院長が構想を描く
  2. スタッフが寄り添い、院長の思いに近づく →「診療以外」の悩みが減り、「治療」に専念できるようになる

会社=Companyではない?

このCompanyを、「会社」と日本語に訳した瞬間に「ガチガチの軍隊」を思い起こす人も多いのではないでしょうか。

「ブラック企業」というと、時折、この「軍隊のような会社」のイメージがあります。

先ほど解説したCompanyの本来の語源を知ると、より違和感を覚えるかもしれません。

実はこの違和感こそ、私たちが最初に理解しておくべき点になります。