【コロナ対策】予約キャンセルを防ぐには

こんにちは。【あきばれホームページ】歯科事業部長の長谷川です。

ピーク時より落ち着いたとはいえ、新型コロナウイルスの影響による「予約キャンセル」に悩む先生方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あらゆる感染症対策をしていても、その取り組みが患者様に伝わらなければ、安心してご来院いただくことはできません。

治療の中断や予約キャンセルを防ぐためには、積極的に情報発信していく必要があるのです。

治療の先延ばしにならないために

患者様によっては、治療を先延ばしすることで「虫歯」や「歯周病」が進行し、治らなくなってしまう可能性があります。

緊急を要する治療でない場合でも、治療を先延ばしにすることで生じるリスクについてしっかりとお伝えし、治療を中断せずに受けていただけるよう努めることが大切です。

しかし、予約キャンセルされる方の多くは「新型コロナウイルスへの感染リスク」を懸念しているため、「この医院なら大丈夫だろう」と思っていただけなければ来院してもらうことはできません。

そのため、万全な対策をしていると積極的に情報発信する必要があります。

※日本歯科医師会のサイトでは「院内掲示用」と「院内入り口掲示用」の2種類のポスターがダウンロード可能です。
ポスターのダウンロードはこちらから→日本歯科医師会「新型コロナウイルス感染症について」

来院された患者様や通りがかった方には掲示物による情報発信が効果的ですが、不安を抱えて足を運ぶことを躊躇している患者様へは違ったアプローチが必要となります。

ホームページ活用で多くの患者様に安心を

来院を迷っている方や具体的な対策を知りたい方への情報発信には、ホームページが最適です。
ホームページを活用すれば、多くの患者様に医院の取り組みを伝えることができます。

ホームページには新型コロナ感染対策のために行っている、具体的な内容を掲載しましょう。
例として下記案内文をご覧ください。

***********************
新型コロナウイルス対策について
当院では新型コロナウイルス対策として以下のことに取り組んでおります。

【院内感染予防として普段から行っている取り組み】
1.マスク・グローブ(医療用ゴム手袋)・ゴーグルの着用
2.患者さまごとにグローブの交換
3.患者さま用のエプロン・グローブは都度使い捨て
4.治療器具は患者さまごとに交換・消毒滅菌
5.口腔外バキュームの使用
6.診療台や操作パネルなどは消毒液によって清拭
7.スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒
8.診療室内での医療用空気清浄機の稼働
9.水消毒システムによる治療で使用する水の除菌

【新型コロナウイルス対策として追加で行っている取り組み】
10.玄関・待合室に消毒液を設置
11.ドアノブ・取手・手すりを消毒液によって清拭
12.待合室に空気清浄機を設置
13.定期的な換気
***********************

普段から院内感染予防に力を入れている医院も多いでしょう。
上記のように、「普段の取り組み」と「新型コロナウイルス対策」としての取り組みがわかるように、掲載することをおすすめします。

なお、当社サンプルサイトトップページにおいて、上記案内文を掲載しております。
ホームページに掲載した場合の雰囲気をイメージしていただけますので、ぜひご覧ください。

新型コロナウイルス対策案内文掲載例はこちら

積極的な情報発信で信頼獲得を!

現在ほとんどの医院が新型コロナウイルス対策をしていますが、その取り組みを詳しくホームページに掲載できていない歯科医院も見受けられます。

新型コロナウイルスによる影響が広まってから時間が経ち、患者様のなかには感染リスクに不安を抱きつつも、治療中の歯の症状や予防歯科等で新たな問題が芽生えている方もいらっしゃるでしょう。

そのような方に安心して来院してもらうためのイメージ作りは大変重要です。

「当院は新型コロナウイルス対策の取り組みをしていますから、安心して治療ができますよ」というメッセージを伝えることは、信頼獲得にもつながります。

まだホームページへの掲載を行っていない場合は、本記事をご覧になったこの機会に追加掲載を進めていただければと思います。

当社ではホームページ制作サービスも行っております。
ご自身でも更新していただけるため、医院の取り組み等の変化に柔軟に対応できます。
※自分で更新できるホームページ作成サービスの料金プランはこちら

⬛︎コロナ禍に自費治療を増やす秘訣を「無料セミナー」でお伝えします

コロナ禍の今、自費治療を増やすにはどうしたら良いのか?自費治療を増やすためのポイントを、治療別に「無料セミナー」でご紹介しています。ご興味がありましたらぜひご参加ください。