どうする?コロナ禍で実施する2022年度の新卒採用

はじめまして。株式会社グランジュテの伊藤祐子と申します。 私はシンガポール航空入社後、外資の信託銀行、医療法人の理事として10年勤めたあと、株式会社グランジュテを立ち上げました。主に歯科医院の採用コンサルティングを行なっており、お手伝いさせて頂いた歯科医院様は日本全国約300院となります。

昨年はコロナにより、あらゆる業界で対面での説明会や面接ができない、見学にもほとんど行けない、など未だかつて無い、新たな採用活動を余儀なくされました。そんな手探りの一年を経て、あっという間に次の採用活動が始まります。 このコラムでは、この一年間様々な医院様の採用活動を手伝ってきて感じたこと、2022年度の採用を成功させるポイントなどをお話させて頂きます。

2021年の新卒採用でできなくなったこと・変わったこと

AdobeStock_90793900_taka_600_400
(画像=taka/stock.adobe.com)

昨年は3月という「さあこれから採用活動が本格化する」という時期に緊急事態宣言が発令され、今まで通りの活動ができなくなりました。

一番大きく変わったのは、今までのように気軽に見学に行けなくなり、「医院の見学は3つまで」「面接は1院のみ」など、学生が学校側から厳しい規制を受けたことです。 今までは5~10院くらいの説明会に参加したり見学に行っていたのが、まず見学に行く院から厳選しなければならなくなりました。

この結果、SNSやホームページなどでしっかりと情報発信をしていたり、フォロー体制が整っていた院が人気となりました。 医院の方は限られた時間の中で院の特徴や魅力を伝えなければなりませんでしたが、果たしてどれくらいの医院が短期間でその準備ができたでしょう。2022年度の採用活動も、ほとんど昨年に近い状況になることは避けられません。

2022年の新卒採用はこうなる

AdobeStock_50238220_naka_600_400
(画像=naka/stock.adobe.com)

一年間を通した衛生士の採用スケジュールの中で、いちばん最初の重要なポイントは、7月に衛生士学校にの求人票を送るというところです。4月から6月の3ヶ月は、この求人票の作成が最も重要な作業となります。 「来年度はこういう衛生士が欲しい」「医院の魅力や特徴はこのように伝えたい」ということをしっかりと練って、本命の衛生士の募集には代行を頼らず自らできちんと想いを伝えるようにしましょう。

2020年度の採用成功事例1

どこの医院も突然のコロナに見舞われたため戸惑いの多かった2020年度の採用。その中でも、しっかりと良い採用を実現した医院もたくさんあります。早速そのポイントをご紹介しましょう。