歯科医仲間に会う時にこそ履いていきたい高級靴 〜品とデザイン性を兼ね備えた5つの銘品〜

先生方の中には「靴」にこだわりをお持ちの方も多くいらっしゃるでしょう。
一流の男性は、車や時計よりも「靴」にこだわりをもつといいます。

海外のホテルマンは、どんなに羽振りが良くても靴がクタクタで汚れていれば、注意すべき人物だと心得ているそうです。

靴を見ればその人の品格がわかる…
靴こそ「信頼感」を得る、一番気にかけるべき身だしなみといえるでしょう。

「信頼できるビジネスパーソン」足元の掟

靴は、「デザイン」「革の質感」「つくり」で印象が大きく変わります。
特に「合成皮革」と「天然皮革」では、見た目の印象がまるで異なるものです。

靴のつくりも「価格相応」といって間違いないでしょう。
外側のつくりが丁寧なものは、内側の構造も丁寧で耐久性があります。

想像以上に足元は見られているもの。
だからこそ、靴には「投資」すべきです。

後回しになりがちな部分にしっかりと気を回せている人には、「信頼感」を抱くもの。
先生方のような人前に立つ機会の多い経営者でしたら、一般的な会社員よりもワンランク上のシューズを選ぶことをおすすめします。

それでは、信頼感を与えられる靴のブランドをいくつかご紹介します。

1.多くのファンをもつ定番ブランド【REGAL】

参照:REGALオンラインショップ 参考価格 22,000円~

「高校生の通学用のローファーのブランド」とあなどるなかれ。

革靴の王道としてリーガルが日本人に支持されるのは、ビジネスマンが求める革靴の世界観を追求しているからでしょう。

上質なレザーなど本格的でありながら、決して派手すぎることなく、それでいてこだわりを感じられる装飾が施されたデザイン性の高さが人気です。
また、日本人の足に特化しているため、快適な履き心地も実現しています。

スーツ・シチュエーションを選ばない、多彩なニーズに対応する1足を必ず見つけられるブランドです。

2.日本の細やかな技術が光る【三陽山長】

参照:三陽山長オフィシャルサイト 参考価格 70,000円~

「三陽山長」は、熟練した職人の技術力が光る、日本の紳士靴メーカーを代表するブランドです。

色合いの深さ・革のきめ細かさ・しわの美しさの魅力は、履き込むごとに魅力を増し、定期的にお手入れを行えば10年以上愛用可能な、本格革靴です。

物の価値を見極められる「品質重視」の方にお勧めの一足です。

3.スーツに華やかさをプラスする【FRANCESCO BENIGNO】

参照:LEGIO 参考価格 55,000円~

「フランチェスコ・ベニーニョ」は、イタリアナポリ創業のシューズブランドです。

いつものスタイルにパッと華やかさを添えてくれる、イタリアらしい芸術的なデザイン性と美しい仕上がりが特徴的。

まるで伝統工芸品のような色合いは「バティーヌ」と呼ばれる手染め技術によるもので、2つとして同じもののない、鮮やかな色彩と美しい色むらも魅力です。

スーツスタイルにこだわりがある・さりげなく個性を取り入れたい方に、おすすめの一足です。

4.トレンド&高品質を兼ね備える【CROCKETT&JONES】

参照:Trading Post 参考価格 75,000円~

絶対的品質の安定性から、世界中のビジネスマンから高い評価を受けている、イギリスのブランド「クロケット&ジョーンズ」。

このブランドは200種類以上の木型を用意しているため、「必ずピッタリの1足が見つかる」といいます。
手間暇を惜しまず、見えない部分のクオリティも深く追求しており、高級ラインでは糸目が全く見えないほどの仕上がりに。

耐久性・耐水性にも優れ、見た目もエレガントなため、長く愛用できるのも魅力です。

毎日の手入れが「信頼感」を醸成する

定番ブランドからワンランク上のブランドまで、信頼感を与える革靴をご紹介しました。
すでに愛用されているもの、気になっていたブランド等あったでしょうか?

ただし、どんなに高価な靴でも、手入れされていなければ品位は下がります。

手入れされていない天然皮革は貧相になり、ただ劣化したようにしか見えません。
一方で、大切に履き込まれ、丁寧に手入れされたものは艶・風合いが増し、風格を上げてくれます。

手入れされた靴=細かいところまで気持ちが行き届く人である証拠。
おざなりになりがちな「靴」を丁寧に扱うことが、「信頼感の醸成」につながるのです。

「毎日磨くのは大変。」と思われるでしょうが、毎日のお手入れは軽度なもので問題ありません。
ブラシやクロスで外側の埃や汚れを落とし、内側を軽く水拭きするだけです。

靴用クリームで磨くのは、月に数回程度で十分なのです。

たったこれだけのことで、靴と履く人の風格を上げてくれます。

天然皮革は“経年変化”を味わうものです。
経年劣化ではなく、経年美化できるよう、ぜひ毎日の「靴」のお手入れを習慣にすることをおすすめします。