本間さん_2

歯科医師の中には、地域に密着した歯科医院を代々経営している方も多くいらっしゃいます。先代の院長先生が勇退される際、古くからの患者さんから「医院を継続してほしい」とお願いされることもあります。そこで閉院ではなく、同じ歯科医師となった若先生に医院を継続してもらう「事業継承」を選ぶ方もいらっしゃいます。

しかし、実際には医院の事業継承が上手くいかないケースもあります。その理由とは一体何でしょうか?

この連載では、「歯科医師の方を専門とするファイナンシャルプランナー」に寄せられてきた歯科医師からの資産運用に関する、よくあるご相談を紹介いたします。今回は、歯科医院の事業継承を阻む「思わぬ落とし穴」を取り上げます。

今回のご相談:「どんぶり勘定」が原因で自院を継承できない、ある歯科医師の苦悩

・相談者

「借金返済のために歯科医院の事業継承ができずに悩む」歯科医師 B先生(68歳)

・相談者のプロフィール

都内で歯科医師であるお子さんと一緒に歯科医院を経営しているB先生。地域に密着した歯科医院として長年事業を続けています。「そろそろ引退を」と考えてはいるものの、お子さんが勤め始めた際の増築費用の返済が残っている状態でした。次の世代に事業を継承したいと思いながら、すぐにはリタイヤできない日々が続いています。

なぜ、B先生はそういう状況に陥ってしまったのでしょうか?

原因は「どんぶり勘定」、将来を見越した計画性が足りなかったこと

私は、多くの歯科医師の先生方の懐事情を見てきた経験から「開業された歯科医師の中には、お金に関して無頓着な方が多くいらっしゃる」と感じています。

一般的な職業と比べると生涯で獲得できる所得は多くなりますが、その分、出費も多くなるというのが「歯科医師」という職業の特徴だと思います。出費の内訳はさまざまなものがありますが、「今現在、いくらの収入があって、どのくらいの支出があるのか」ということを把握せずに「どんぶり勘定」で生活している方も少なくありません。

また、将来にわたる収入・支出といった家計の状況を考えずに「使える時に使えばいい」という計画性がない場合もあり、B先生のように「事業継承ができない」と分かった途端にひどく後悔される先生を多く見てきました。