なぜ、歯科医院の年商は、10億円より1億円が幸せなのか?

歯科医院経営において、成功のひとつの目安となるのが「年商1億円」です。

それは、利益だけではなくメンタル面も含めて、順調な経営を行っている開業医は「年商1億円」を達成しているというデータからも導き出されているからです。

そこで「年商1億円医院の設計図」(デンタルダイヤモンド社)などの著者であり、歯科医院専門税理士でもある税理士法人キャスダックの山下剛史さんに歯科医院を年商1億円へと導く最短ルートについてお話を伺いました。

連載2回目となる今回は前回に引き続き、歯科医院にとってなぜ「年商1億円」がよいのか? その理由を解説します。

年商1億円で歯科院長の「幸せのコスパ」が最大になる

pixta_69230517_M_義歯を説明する歯科医師_600_400
(画像=pixta)

なぜ成功の基準が1億円という数字なのでしょうか?

私は決して年商1億円が成功だとは思っていません。

しかし、お金はないよりあった方がよいのは間違いないですし、じゃあいくらを目指すのが一番効率的なのか、というところを突き詰めていくと、年商1億円ぐらいじゃないかな、と思うのです。

たとえば、ノーベル賞を受賞した米国の心理学者の研究によると、感情的な「幸福度」は年収75,000ドル(約800万円)までは収入に比例して増えますが、その額を超えるとほとんど上昇しなくなるといいます。

また、大阪大学が行った研究では、世帯年収が1,500万円を超えると幸福度はほとんど上がらなくなるという結果も出ています。

ワインでたとえると、1,000円と5,000円のワインは明らかに味の違いがありますが、5,000円を超えるとほとんど違いが分からないといった感じでしょうか。

一般的なビジネスパーソンにとって幸せのコスパが最も高いのは世帯年収1,500万円前後といわれているため、ビジネスパーソンより高い生活レベルを望む歯科院長の場合、世帯年収2,000万円前後が「幸せのコスパ」がマックスになると考えます。

ではその場合の売上はいくらなのかというと、データベースから「1億円」という数字が出てくるわけです。

ここで夢のある話をひとつ。年商1億円の歯科医師の年収はプロ野球選手より高いという事実です。

プロ野球選手の年収の中央値は約1,500万円といわれています。年商1億円の歯科医師の年収は約2,000万円で、プロ野球選手よりも多いのです。

さらにプロ野球選手の平均在籍年数8~9年に対して、歯科医師は40年続けることも可能な職業かと思います。

プロ野球選手より年収が高く、働ける期間も圧倒的に長いのです。人生100年時代を迎える日本において、これほど素晴らしい仕事はそうありません。

人生100年時代、歯科医師に必要とされる要素は?

考える様子の歯科医師_AdobeStock_233103597_ponta1414_600_400
(画像=ponta1414/stock.adobe.com)

好きでもない仕事を100歳まで続けるのは難しいので、「歯科医師の仕事が好きかどうか」が一番ではないでしょうか。

私のクライアントの先生方は歯科医師の仕事を楽しんでいる方が多いですね。

反対に経営がうまくいっていないのに、仕事を楽しめるかというと疑問です。

利益を確保し、豊かな生活ができる環境がないと楽しい仕事はできないと思います。

一方で、歯科医師の仕事を早めにリタイアしたいという先生もいらっしゃいます。

歯科院長は開業以来、いろいろな犠牲を払ってきています。それを残りの人生で取り戻したいという方や、新しいことに挑戦したいという方もいらっしゃるでしょう。

医院規模を縮小したり、早めにリタイアすることも、年商1億円医院だと実現可能性がぐっと高まります。

年商1億円達成後は、現状維持でよいのでしょうか?

年商1億円に到達すれば、無理して売り上げを増やす必要はありません。