歯科助手_スキルアップ

歯科医師や歯科衛生士をサポートする歯科助手は、歯科医院を運営するうえで必要な人材です。資格が必要ないため、知識やスキルを身に着けていないケースでも、将来を見込んで採用することはあるでしょう。

その分、歯科助手のスキルアップを実現させることは、歯科医院にとって医療サービスの向上にもつながる重要な課題です。この記事では、歯科医院が歯科助手のスキルアップに取り組むメリットを解説し、その方法について紹介していきます。

歯科医院が歯科助手のスキルアップに取り組むメリット

AdobeStock_350397068_taka_600
(画像=taka/stock.adobe.com)

「歯科助手のスキルアップが重要だということは分かっているものの、スキルアップに取り組むことでどのような効果があるのか分からない」という歯科医院の先生も多いのではないでしょうか。歯科助手は国家資格でもなければ採用時に経験を問わないことも多いので、「歯科のことは全く分からない」というスタッフも当然たくさん存在します。

未経験、あるいは経験不足な歯科助手をスキルアップさせることは、長期的な歯科医院運営を考えた時、大きなメリットをもたらします。歯科医院が歯科助手のスキルアップに取り組む2つのメリットについて説明しましょう。

歯科助手スキルアップのメリット1.優秀な人材の確保

歯科助手は、資格を必要としないことから医療行為は行えませんが、歯科医師や歯科衛生士のアシスタント、受付・会計、レセプト作成などの幅広い業務を担当します。

しかし、業務内容が限られるため、やりがいを感じにくいという課題が考えられるうえ、受付業務などは一般企業でも募集していることから、人材の獲得競争にもなりやすい職種です。

歯科医院として歯科助手のスキルアップに熱心であれば、成長意欲が高く、キャリアアップを目指している歯科助手のつなぎ止めにもなります。また、女性は、ライフステージの変化に合った働き方が必要なこともあり、スキルや経験を身に着けて働きたいと考える人も少なくありません。

「しっかりスキルアップできるよ」という特徴があれば採用という点でも、成長志向の高い人材へのアピールになるはずです。

歯科助手スキルアップのメリット2.治療・業務の品質・スピードアップ

歯科医院経営で必要なのは、医療資格だけではありません。患者さんとの接点が一番多い歯科助手のスキルが向上することで、治療や患者サービスにおける質がアップし、他院との差別化を図るきっかけになるでしょう。

以下は歯科助手のスキルアップの成功例です。

  • 【カウンセリング能力を高める】→患者の不安・ニーズを吸い上げ、自由診療につながる
  • 【治療サポートや事務処理などがスピードアップ】→院内オペレーションの効率化を実現

歯科助手の成長は、モチベーションアップにもつながり、本人にとっても歯科医院全体にとっても好影響を与えます。

歯科助手をスキルアップさせる4つの方法

AdobeStock_369879580_こうまる
(画像=こうまる/stock.adobe.com)

歯科助手のスキルアップは、院内での指導や研修・セミナーへの参加が主な方法となります。しかし、スキルアップの場を提供するだけでなく、スキルアップした後の環境整備も大切です。ここでは、スキルアップの方法と整備したい院内制度について解説します。

歯科助手スキルアップの方法1.OJTの充実

歯科助手は、歯科医師や歯科衛生士のような国家資格が不要なため、基本的には現場で働きながら仕事を覚えていくことが一般的です。特に新人の指導はOJT中心となりますが、ミーティング、課題設定・フィードバックを定期的に行うなど、やり方次第で高い教育効果が見込めます。

OJTでは知識だけでなく実践的なスキルを学べ、その場でフィードバックを受けられるメリットがあるほか、スタッフとの人間関係の構築にもつながり、教える側も業務の理解度や指導力の向上が望めるでしょう。

歯科助手スキルアップの方法2.研修・セミナーの導入

院内での勉強会や接遇研修など、特定のテーマを設定した研修の実施もおすすめです。例えば、外部講師を招いて接遇やコミュニケーションに関する研修を開催するのはいかがでしょうか。

受付などで患者に接する機会が多い歯科助手だからこそ、接遇やコミュニケーションスキルを磨くことは非常に役立ちます。また、技術面なら「バキュームテクニック」のような治療をテーマにセミナーを実施するのも有効です。

歯科助手スキルアップの方法3.人事評価制度の整備

成長意欲が高く、実際にスキルアップしている歯科助手については、頑張りや能力を正しく評価する仕組み作りが必要です。人事評価には公平性と透明性が求められるため、目標レベルや評価項目を明確、かつ分かりやすくしなければなりません。

適切に評価することで本人のモチベーションも高まり、さらに成長意欲を引き出すことにもつながります。さらに、レベルに応じた昇給、院内スタッフの投票による院内表彰なども行うと、スタッフのモチベーション維持に効果的です。

歯科助手スキルアップの方法4.資格取得の奨励・手当の支給

歯科助手に国家資格はありませんが、民間資格がいくつか存在します。医院として資格取得を奨励し、資格手当を支給するのも1つの方法です。求人を掲載する時にも、資格支援制度があれば自院のアピールにつながります。いくつかの資格を紹介しましょう。

  • 公益社団法人日本歯科医師会 歯科助手資格(甲種/乙種第一/乙種第二)
  • 全国医療福祉教育協会 歯科助手専門員
  • 技能認定振興協会 医療事務管理士(歯科)

この他にも歯科医療事務に特化した検定などがあります。日本歯科医師会が制定する「歯科助手資格」については、各都道府県歯科医師会で講習を受ける必要がありますが、多くは在宅受験が一般的であるため、歯科助手として仕事をしながらのスキルアップが可能です。

まとめ

AdobeStock_50238220_naka_600_400
(画像=naka/stock.adobe.com)

歯科助手のスキルアップは、医療サービスの質を向上させるだけでなく、長期的な雇用を実現するうえでも検討したい取り組みです。医療とは関係のないスキルに感じられても、患者の満足度や業務の効率化につながれば、歯科医院経営には大きな貢献となるのではないでしょうか。

【おすすめ採用セミナー】
10年以上応募ゼロから3か月でDH2名を採用!歯科衛生士・歯科助手採用セミナー