単なる雑用係じゃない! 歯科助手がクリニックで果たす様々な役割

私の専門は、人財教育・定着・のためのホスピタリティーやコミュニケーションの知識と土台構築です。

特に、特別な資格のない歯科助手教育に注力し、9年前に副院長を担う歯科助手教育を目指す、「日本歯科プロアシスタントスクール」を開校し、東京、大阪で展開しています。1年間のスクールで現在8期がスタートしています。(見学可能です)

歯科助手の役割は、クリニックの補佐的なものだと思っていませんか?

「特別な資格もなく、目的意識も薄く、入れ替わりが一番激しい職種かもしれません。しかし、全国には副院長を担う歯科助手が活躍していたり、クリニックの司令塔としてマネージメントや経営を担当している歯科助手もたくさんいます。

私はその可能性をお伝えしたいです。歯科助手ご本人にも、そしてこの記事に目を通してくださる院長先生はじめ有資格者の方々にも。

有資格者がさらにその技術や医療に専念でき患者さんに最良の治療をご提供できるためにも、歯科助手のプロ意識教育や活躍の場を広める活動は大変重要です。

私は社会人1年目を歯科助手でスタートしました。そこからもう30年以上も歯科業界を離れることができないほど、歯科業界に夢中になっています。

そして生まれ変わっても「歯科助手になりたい!」のです。(4冊目の著書、クインテッセンス出版より「生まれ変わっても歯科助手になりたい」は2021年1月に出版され、発売前の予約時点で、Amazon売れ筋ランキング1位になりました)

なにも肩書にこだわるわけではありません。副院長になることが目的ではありません。

例えば、月間500万円~600万円を稼ぎだす歯科助手もいます。