新規獲得のための歯科医院経営における上手な広告の考え方とは

はじめまして。のぶ歯科クリニックを経営している丸橋伸行です。当院は地域人口の少ない神戸市の下町にあり、開業1年目の患者数は1日10人程でした。

しかし、その4年後には年商1億円になり、現在は年間新患数2,000人、年商2億円の歯科医院へと成長することができました。

スタートでつまずいた当院が、短期間で一定規模の売上を上げられたのは広告を活用したからです。

本連載では、「歯科医院における広告の考え方や活用法」を私の経験を元にご紹介します。今回は「そもそも歯科医院における広告とは?」というテーマでお話しさせていただきます。

歯科医院における広告ってなに?

AdobeStock_105344353_fotofabrika_600_400
(画像=Paylessimages/stock.adobe.com)

歯科医院における広告は「新患獲得装置」

多くの歯科医師は紹介と口コミを好みます。しかし、これらは他人の感覚に頼るため「自分では対策を立てにくい宣伝」と言えます。

一方、対策を立てやすいのがホームページ、SNS、予約サイトなどの広告です。広告を出す際には様々な媒体がありますが、そのどれもが数字で評価するため現状を客観的に分析でき、速やかに対応ができます。

語弊があるかもしれませんが、歯科医院における広告とは「新患獲得装置」だと私は考えます。

広告が軌道に乗れば診療圏は拡大し、患者さまからご指名いただけるようになります。広告をうまく活用し新患を獲得することで、限られた診療圏のパイを奪う競争から脱却できるため、立地と競合の問題を同時に解決することができるのです。

では次に広告にはどのような効果があるのか、メリットを解説します。

広告による3つのメリット

1.立地の不利を逆転
広告で診察圏を拡大することができれば、十分な数の潜在患者さまにご指名いただけるようになります。当院のように歯科医院が裏通りに立地していても、患者さまは自らスマホで地図を見ながら来院してくださいます。

立地のマイナス面は、効果的な広告によって、大部分が解決できるのです。

2.近隣医院の動向を気にしなくてよい
いくら患者数の多い歯科医院でも、近隣に新規の歯科医院ができれば新患数は減少します。減少した新患数を元の水準に戻すのはとても難しく、時間もかかります。

しかし広告で診察圏を拡張し、患者さまに指名される医院であれば、近隣に新たな歯科医院が開院しても影響を受けません。さらに新患数の安定は、歯科医師に精神的安定をもたらしてくれます。