歯科医院が利用すべき歯科衛生士求人サイト

歯科衛生士は超売り手市場であり、2019年時点で有効求人倍率は20.7%まで上昇しているので、人材確保が難しくなっています。1人の歯科衛生士を20軒の歯科医院が取り合う状況といえば、どれほど深刻なのか伝わるはずです。

そこで今回は、歯科衛生士の求人事情やよく使われている求人サイト、採用を成功させるための方法を解説します。

歯科衛生士はどうやって求人を探している?

厚生労働省の「平成27年転職者実態調査」によると、主要な業種における転職活動の方法(複数回答)は以下のような割合となっています。

  • 公共職業安定所(ハローワーク)等の公的機関:41.4%
  • 縁故(知人、友人等):27.7%
  • 求人情報専門誌・新聞・チラシ等:24.2%
  • 民間の職業紹介機関:18.8%
  • 企業のホームページ:13.6%

一方、日本歯科衛生士会の「歯科衛生士の勤務実態調査報告書」(令和2年3月)によると、現在離職中で歯科衛生士として再就職したいと考えている人が就職先を探す場合、以下のような方法が選択されています。

  • ハローワーク:68.7%
  • 友人・知人からの紹介:46.3%
  • インターネット:45.3%
  • 求人誌:32.1%
  • 歯科医師会・歯科衛生士会の無料職業紹介:26.7%

転職を検討する歯科衛生士は若年層が多く、求人を探す際にインターネットを活用するケースが増えているため、歯科医院のホームページや求人サイトでのアプローチに力を入れる必要があります。とはいえ、ハローワークや求人誌など従来の方法で探す人も少なくないため、複数の媒体を並行して活用するのがおすすめです。

歯科衛生士が使う求人サイト3選

AdobeStock_194071069_leungchopan_600
(画像=paylessimages/stock.adobe.com)

最近は「歯科衛生士 求人」などで検索すると、歯科・医療系に特化した求人サイトが検索結果の上位に表示されやすくなっています。そこで、歯科衛生士によく使われている求人サイトを3つ紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

歯科衛生士採用におすすめの求人サイト1.グッピー(GUPPY)

「グッピー(GUPPY)」は年間300万人が利用している、医療・介護・福祉に特化した求人サイトです。掲載料金1万円、1回の閲覧ごとに100円という「閲覧課金型」の料金システムを導入しており、どれだけ費用がかかったのか把握しやすくなっています。

また、登録している求職者に直接アプローチできるスカウト機能、医院見学会などの告知ができるイベント掲載機能なども特徴的です。新卒に特化した求人サービスも提供されているので、幅広く活用できるでしょう。

歯科衛生士採用におすすめの求人サイト2.ジョブメドレー(JobMedley)

「ジョブメドレー(JobMedley)」も医療・介護・福祉に特化した求人サイトです。特徴は、初期費用や求人掲載費、スカウトメールの送信費用(200通まで)が無料となっていること。採用が決定したら費用を支払うという完全成功報酬制(4万円~)を導入しているため、無駄なコストをかけずに求人を出せるのが大きな魅力です。

また、希望条件に合った求職者が登録されたら通知が届くサービスも提供しているので、求める人材に効率的にアプローチできます。

歯科衛生士採用におすすめの求人サイト3.クオキャリア(Quocareer)

「クオキャリア(Quocareer)」は歯科医師・歯科衛生士に特化した、歯科医院のための求人サイトです。求人活動計画を1年単位でパッケージ化し、求人コンテンツの制作・流通まで担当者が一貫してサポートするという体制をとっています。

月額1万円のプランに申し込めば、求人サイトへの通年掲載および求人誌掲載・求人票作成および発送代行のサービスを受けることが可能です。歯科衛生士学校と連携するなど、歯科専門ならではのサポートも充実しています。

求人サイトだけでは不十分、歯科衛生士を採用する5つの方法

AdobeStock_350397153_taka_600_400
(画像=taka/stock.adobe.com)

歯科衛生士を採用したいなら、求人サイトに加えて以下のような方法も検討しましょう。

1.ハローワーク

全国各地にあるハローワークは、現在でも転職先・就職先を探す方法として最も多く利用されています。無料で求人を掲載できるので、とりあえず求人票を登録しておいて損はありません。厚生労働省が運営しているため、安心して利用できることもメリットです。

ただし、求人数が多く検索しづらい、掲載できる情報が限られるので自院の魅力を伝えづらいといったデメリットもあります。また、求人サイトより応募に手間がかかるため、求職者側の負担が大きいことも注意が必要です。

2.民間の求人サイト

医療や歯科業界に特化していない民間の求人サイトでも、歯科衛生士の求人を掲載できます。当然ながら掲載費用や成功報酬といったコストはかかってきますが、求人サイトによって金額には差があるため、あらかじめ費用対効果をよく検討してから利用することが大切です。

民間の求人サイトでは、エリアや待遇といった条件を絞り込んで検索されることが多いので、必然的に他の求人と並べて比較されやすくなっています。そのため、自院の魅力をきちんとアピールすることが大切です。

3.歯科医師会・歯科衛生士会

各地域にある歯科医師会や歯科衛生士会には無料で求人情報を掲載できるケースがあります。求職者登録した歯科衛生士とのマッチングを行ってくれるため、その地域で歯科衛生士として働きたいという人に対し、効率良くアプローチできることがメリットです。

ただし、求職者登録する人は現在離職中でブランクの長い人が多い傾向にあるので、あらかじめスキルや経験をきちんと確認する必要があります。また、掲載できる情報量はあまり多くないため、ホームページで求人内容を充実させるなど対策を講じましょう。

4.歯科衛生士学校

歯科衛生士学校では卒業見込み者や既卒者向けの求人票、在校生向けのアルバイト求人票を登録できるため、意欲ある若い人をきちんと育てられる体制があるならおすすめです。臨床実習先にそのまま就職するというパターンも多いので、学生の実習受け入れも検討する価値があります。

登録方法や実習受け入れの要件は学校ごとに異なるため、案内ページに書かれている内容をチェックしたり、担当者に問い合わせたりして確認しましょう。

5.自院のホームページ

歯科衛生士の求人を探している人の多くは、どこかで求人情報を見たら歯科医院のホームページにアクセスして、さらに詳しい情報を手に入れようとするのが一般的です。そのため、自院のホームページで働くメリットや職場環境の魅力、院長の診療理念などを細かく伝えれば、求める人材の採用につながる可能性もグッと上がります。

逆にホームページ自体がない場合、詳しい情報を得られなくて不安に感じることから応募を躊躇するかもしれません。ハローワークや求人サイトに情報を掲載する場合でも、きちんと求人用ページを制作し、最新の情報に更新しておきましょう。

まとめ

AdobeStock_248418930_buritora_600_400
(画像=buritora/stock.adobe.com)

自院に合った歯科衛生士を採用することは、現状を踏まえると決して簡単とはいえません。しかし、受け身の姿勢で待っているだけでは求める人材が応募してくる可能性は高くないため、歯科医院側でも積極的に対策を講じる必要があります。

今はインターネットやスマートフォンで求人を探す人が多いため、歯科衛生士がよく使う求人サイトの活用を検討しつつ、自院のホームページで職場の魅力を余すことなく伝えられる求職者向けページを用意するのがおすすめです。

【おすすめセミナー】
・【無料】10年以上応募ゼロから3ヶ月でDH2名採用! 歯科衛生士・歯科助手採用セミナー