良い歯科助手の採用に必須 絶対聞くべき面接質問

「自院に貢献してくれる歯科助手を採用するには何を見ればよいのか?」という疑問を抱える方は多いでしょう。

採用活動には相応のコストがかかりますし、できれば長くしっかりと働いてくれる人を採用したいはずです。

そこでこの記事では、歯科医が優秀な歯科助手を獲得するために覚えておきたい、面接で聞くべき質問や採用のポイントを解説します。

【関連記事】
・歯科衛生士の人事評価が重要な理由と3つの評価項目・評価の注意点

歯科助手の面接で聞くべき11の質問

pixta_62406584_M_面接女性_600_388
(画像=pixta)

歯科助手の面接で聞くべき質問1:志望動機(なぜ歯科助手になりたいのか)

歯科助手の求人に応募してくる人は、経験者もいれば未経験者もいます。

経験者の場合は「なぜ今後も歯科助手を続けようと思うのか」をしっかりと聞いておきましょう。

歯科助手という仕事に対するその人の姿勢や今後のキャリアプランを確認できます。

また未経験の場合は、特に志望動機を詳しく聞いておく必要があります。

「未経験OKだったから」「求人で見かけたから」というふんわりとした理由で面接を受ける人も多くいます。

「どうして歯科助手になりたいと思ったのか?」「患者様とどう接したいのか」ということを軸に、本気度や仕事観を考察しましょう。

歯科助手の面接で聞くべき質問2:自院を選んだ理由

次に聞いておきたいのは「なぜ当院を選んだのか?」という点です。

採用活動や新人教育にはコストがかかるため、せっかく採用した人にはできるだけ長期間自院に貢献してもらいたいものです。

そして歯科助手として長く働いてもらうには、「治療方針」や「理念」に共感してもらえていることが重要です。

もちろん職場環境や業務内容、待遇などの条件面は求職者が最も重視するポイントです。

一方、やりがいにつながる仕事内容や経営方針などが本人の希望と合致しているかどうかは、前向きに仕事に取り組んでもらう上で不可欠といえます。

歯科助手の面接で聞くべき質問3:前職を辞めた理由

面接を受けに来るということは、新卒者以外は前職を辞める予定、あるいはすでに辞めている場合がほとんどです。

「どうして前職を辞めたのか」「どのような環境や業務、条件が合わなかったのか」「辞めた原因は、自院で働くことによってどう解消されるか」を軸に質問していきましょう。

仕事を辞める理由は人それぞれです。ステップアップのために円満退職することもあれば、職場環境や条件、人間関係などトラブルが原因で辞めてしまうこともあります。

ここで、前職の院長(歯科医)や同僚の批判ばかりを口にしたり、同じような理由で複数回転職を繰り返したりしている場合は要注意。

スキルや経験が豊富だからと採用しても、またすぐに辞めてしまうばかりか、他のスタッフのモチベーションに悪影響を及ぼす恐れもあります。

自院で働くことで本人の希望を叶えられるか、それが医院経営にプラスの影響を与えるかどうかを、お互いのためにきちんと検討しましょう。

歯科助手の面接で聞くべき質問4:勤務先に最も求めるもの

応募者が職場に対してどのようなことを求めているかを聞くべき理由は2つあります。

1つは、その人にとって職場や歯科助手の仕事がどのような意味を持つかを知るためです。

ワーク・ライフ・バランスを実現するための働きやすさや、患者さまの健康に貢献できるやりがいなど、人によって答えは違うでしょう。

もう1つは、ミスマッチを防ぐためです。

自院の求める人物と合致したからといって前のめりに採用を決めても、その人が求める職場環境を提供できなければ、早期離職のリスクが高まります。条件面はきちんとすり合わせることが重要です。

ただし、こうした面接でよく聞かれがちな質問に対しては、“あらかじめ用意された回答(建前)”が返ってきがちです。

給与や待遇面を重視するのは当たり前ですから、希望条件に隠れた本音を聞き出せるよう掘り下げましょう。