歯科医師が年収2000万円を目指すには_あきばれ歯科経営 online編集部

厚生労働省「医療経済実態調査」によると、個人で開業している歯科医師の平均年収は約1,200万円です(2018年度・税引き前)。

しかし、年収2,000万円は決して手の届かないほど高水準の金額ではありません。戦略次第では十分に達成可能です。

本記事では個人開業の歯科医師の年収事情や年収2,000万円を実現するために有効な戦略・ポイントについて解説します。

開業した歯科医師で年収2,000万円を目指すのは妥当?年収傾向を紹介

pixta_38433716_M歯科医師_検診_小児
(画像=pixta)

まず、個人開業している歯科医師の平均年収をみてみましょう。

厚生労働省が2019年に実施した調査「第22回医療経済実態調査」によると、2018年度の歯科医院(個人開業)の損益差額平均値は1,201.8万円(税引き前)となっています。

損益差額とは医業収益と介護収益の合計から医療・介護費用・設備費などその他の医業費用を差し引いたもので、個人開業している歯科医師の年収といえます。

1,201.8万円はあくまで平均年収であり、戦略によっては、個人開業の歯科医師が年収2,000万円を達成することもそれほど難しくはない水準といえるでしょう。

それでは、どのくらいの売上があれば、開業歯科医師の個人年収として2,000万円を達成できるのでしょうか。

税理士事務所が公開している資料「2021年決算データからみる 歯科診療所 経営実績分析」によると、医業収入5,000万〜1億円の歯科医院の医業利益平均額は2,112.9万円となっています。

つまり、医業収入が5,000万〜1億円あれば、歯科医院を経営する院長の個人年収2,000万円は十分に可能なのです。

ただし、税金を考慮する必要はあります。

開業歯科医師が年収2,000万円を目指すには?5つの基本戦略

pixta_38554270_M_歯科衛生士_歯科医師_歯科助手
(画像=pixta)

開業歯科医師が年収2,000万円を目指すにあたって、次の5つが基本戦略となります。

  1. 集客に投資をする
  2. 売上アップの工夫をする
  3. 人材確保・教育に力を入れる
  4. 無駄な費用をかけない
  5. 収入面の制約を取り払う

各戦略について以下で解説します。

年収2,000万円の戦略1.集客(集患)に投資をする

集客に投資し、できるだけ多くの患者を集める施策をしましょう。

主な投資方法としては歯科医院のホームページ改善やオンライン・オフラインの広告出稿、チラシや看板などがあります。

また、歯科医院の立地条件も集客の多寡に大きく影響します。

ある税理士法人が抱える歯科医院のクライアントのうち年商1億円を超えるクリニックの83%は戸建、もしくは、テナントの1階での開業です。

また、あるデータによれば、テナントが2階にある場合の集客力は1階の約87%、3階にある場合は約61%にまで下がるといいます。

集客力の高い1階や戸建に歯科医院を構えることも広告投資の1つです。

オンライン・オフラインでできる集客施策について、詳しくは以下の記事をご参照ください。

【関連記事】
歯科医院の集客でやるべき8つの施策(オンライン・オフライン)

年収2,000万円の戦略2.売上アップの工夫をする

歯科医院の利用者を増やす以外に売り上げアップをするためには、リピート率アップと客単価アップの2つが重要です。

リピート率をアップするには、患者に丁寧に対応するなど、「また利用したい」と感じさせるサービスが欠かせません。

また、定期検診を推奨することで来院の習慣をつけてもらうことも効果的でしょう。

現代では口コミサイトが集客に及ぼす影響力が強くなっているため、患者に好ましい印象を与えることは非常に重要です。

客単価をアップするには、自由診療を推進しましょう。

治療の手順や期間、治療に使える材料など、保険診療にない自由診療のメリットや必要性を患者に説明し、納得してもらうことが大切です。

歯科医院の売上アップを実現する主な方法の詳細は以下の記事をご参照ください。

【関連記事】
歯科医院の売上アップ実現に向けた3つの方法

年収2,000万円の戦略3.人材確保・教育に力を入れる

医療業界は深刻な人手不足であり、特に歯科は2019年の有効求人倍率が20.7%と深刻です。

このような状況下で、優秀な歯科衛生士・歯科助手を確保するには、歯科医院を経営する院長の努力が欠かせません。

また、ただスタッフの人数を増やすだけでなく、より良いサービスを提供できるように教育が必要です。

スタッフの質はリピート率や業務効率に影響を及ぼし、売上に直結します。

当社では歯科衛生士・歯科助手採用オンラインセミナーを実施しています。お気軽にお申し込みください。

【関連セミナー】
・【無料】たった4カ月で歯科衛生士276名の応募獲得! 歯科衛生士・歯科助手採用セミナー

年収2,000万円の戦略4.無駄な費用をかけない

年収アップのためにはコストを抑える施策をすることも重要です。

まず、材料費や技工費、リコール数を見直してみましょう。

特に、材料費は変動費のなかでも大きいため、品質は維持しつつ、より安い仕入先を探すべきです。

また、在庫管理を徹底して無駄を洗い出し、不要な支出をカットしましょう。

加えて、電子カルテや予約管理システムなどを導入すれば事務作業の効率や人件費削減につながります。

年収2,000万円の戦略5.収入面の制約を取り払う

年収をアップさせるためには収入面の制約を取り払わなければなりません。

具体的には「租税措置法第26条」の適用範囲を超える売上を目指す必要があります。

租税措置法第26条とは、医師・歯科医師が活用できる優遇税制です。

租税措置法第26条を適用すれば、医業・歯科医業にかかる社会保険診療報酬が5,000万円以下、かつ、総収入金額が7,000万円以下の場合、必要経費として計上する金額を概算できます。

所得を圧縮しやすいことから税制面で有利なため、上記の収入内に収めようとする歯科医院が一定数あるのです。

やや古いものの、2012年の厚生労働省の調査によれば、年間の社会保険診療報酬が5,000万円以下の歯科医院は調査対象の69.3%を占め、そのなかで38.9%の歯科医院が租税措置法第26条を適用しています。

しかし、租税措置法第26条の適用範囲内に収入を抑えようとすれば、年収を2,000万円までアップさせるにあたって制約となってしまうのも事実です。

長期的に年収をアップさせるなら、租税措置法第26条の適用範囲を超える売上を目指すのも戦略の1つでしょう。

【関連記事】
歯科医院が年商1億円を目指すコツは「つるみの法則」

開業歯科医師が年収2,000万円を目指すために意識すべき4つのポイント

pixta_40541439_M_歯科医師_歯科助手_パソコン
(画像=pixta)

開業歯科医師が年収2,000万円を目指すために意識すべきポイントは次の4つです。

  1. マーケティングの視点を持つ
  2. 資金繰りの計画を立てる
  3. スタッフのモチベーションに気を配る
  4. 良好な人間関係を築く

各ポイントについて以下で解説します。

1.マーケティングの視点を持つ

歯科医院経営においてもマーケティングの視点を持つことが重要です。

集客力を強化するなら、インターネット広告やホームページ充実化、SEO(検索エンジン最適化)、患者を固定化する施策などを検討してみましょう。

また、近年注目されているインビザライン(透明で取り外し可能なマウスピース形の歯科矯正システム)を取り入れることも、患者のニーズに対応するうえで有効になる可能性があります。

歯科医院のマーケティングは「集客」「固定化」「単価アップ」の3ステップです。

詳しくは以下の記事をご参照ください。

【関連記事】
患者様に選ばれる歯科医院マーケティング 3つのステップ

2.資金繰りの計画を立てる

医業収益は保険診療報酬の7割は翌月に請求してから入金されるにもかかわらず必要経費は毎月かかるなど、入金が遅く出金が早いビジネスモデルです。

そのため、帳簿上は黒字であっても手元資金が不足しやすい傾向にあります。

安定した歯科医院経営のためには、お金の流れを可視化して、キャッシュフローが悪化しないようにする必要があるのです。

【関連記事】
資金繰り改善を目指す歯科医院の資金管理法

3.スタッフのモチベーションに気を配る

スタッフの質がリピート率アップにつながることは上述しました。

歯科衛生士・歯科助手などスタッフに高いモチベーションを持たせるように、歯科医院を経営する院長が気を配ることが大切です。

例えば、売上を高めるには自由診療のアピールが重要で、そのためには歯科衛生士や歯科助手による丁寧な説明や接遇といったアシストが不可欠といえます。

院長は、売上やサービス品質への貢献をスタッフへの評価に反映する仕組み作りなど、モチベーションを高めるための工夫が大切です。

また、優秀なスタッフの離職を防ぐためにも、スタッフのモチベーションを高める必要があります。

歯科医師として年収2,000万円を得られるだけの売上を確保するには、一定の患者数を確保しながら効率的に業務を回さなければなりません。

それには優秀なスタッフを確保しなければならず、気持ちよく働き続けてもらうための気遣いや仕組み作りが欠かせないのです。

【関連記事】
歯科助手のモチベーションを引き出す秘密の方法

4.良好な人間関係を築く

年収2,000万円を達成している歯科医師やビジネスパーソンと良好な人間関係を築けば、「つるみの法則」による好影響を期待でき、自分の年収アップも実現しやすくなります。

つるみの法則とは、自分の年収が、親しく交際している5人の平均年収に近くなるという法則です。

つるみの法則が統計的に証明されているわけではないものの、年収2,000万円を実現している歯科医師などと交流すれば、その考え方や価値観、ノウハウなどを吸収できます。

考え方や今までのやり方を変えることは容易ではありませんが、身近な成功者から学ぶことで意識を切り替えやすくなるのです。

【関連記事】
歯科医院が年商1億円を目指すコツは「つるみの法則」

まとめ

pixta_69714386_M_歯科医師_患者
(画像=pixta)

個人開業の歯科医師が年収2,000万円を達成することは、工夫次第で十分に可能です。

そのためには、集客、売上アップ、人材確保・教育、無駄の削減、租税措置法第26条の制約をなくすといった戦略を実施しましょう。

また、マーケティングの視点を持つことや計画的な資金繰り、スタッフのマネジメント、成功者と親交を持つことなども年収2,000万円を実現するために効果を発揮する可能性があるポイントです。

【おすすめセミナー】
・【無料】たった4カ月で歯科衛生士276名の応募獲得! 歯科衛生士・歯科助手採用セミナー
・【無料】月15人の義歯の新患が来院! 義歯集患セミナー
・【無料】矯正治療が得意な先生に贈る マウスピース矯正集患セミナー

あきばれ歯科経営 online編集部

歯科衛生士でもある「あきばれホームページ」歯科事業部長の長谷川愛が編集長を務める歯科医院経営情報サイト「あきばれ歯科経営 online」編集部。臨床経験もある歯科医師含めたメンバーで編集部を構成。

2021年5月14日「あきばれ歯科経営 online」正式リリース。全国1,300以上提供している「あきばれホームページ歯科パック」による歯科医院サイト制作・集客のノウハウを元に、歯科医院経営を中心とした歯科医院に関する様々な情報を経営に役立つ観点からお届けする。